Language

文字の大きさ

背景色

ウィッグ(かつら)、乳房補整具購入費助成制度のご案内

更新:2022年06月28日

~がん治療支援のために(佐賀市アピアランスケア支援事業)~

佐賀市では、がん患者の治療と社会参加等の両立を応援するために、ウィッグ(かつら)や乳房補整具の購入費用の一部を助成します。

対象となる方

以下のすべての要件を満たす人です。

(1)申請日時点で、佐賀市に住民登録がある人

(2)がんと診断され、その治療を受けた人もしくはがん治療を受けている人、またはがんの疑いがあると診断された人

(3)がん治療に伴い脱毛し、または乳房を切除し、補整具を購入している人

(4)申請を行う補整具について、他の法令等に基づく助成を受けていない人

助成の対象

【区分1】医療用ウィッグ

 がん治療に伴う脱毛に対応するために一時的に着用するウィッグ

【区分2】乳房補整具

 手術による乳房の形の変化に対応するための補整下着、補整パッド及び人工乳房(乳房再建術等によって体内に埋め込まれたものを除く)

助成金額

【区分1】医療用ウィッグ

 医療用ウィッグの購入額(税込)の合計額の2分の1(1円未満切り捨て)または2万円のいずれか低い額

【区分2】乳房補整具

 乳房補整具の購入額(税込)の合計額の2分の1(1円未満切り捨て)または2万円のいずれか低い額

  • 各区分ごとに複数の補整具の購入費を合わせて申請できます。
  • 助成は各区分ごとに1年度につき1回までです。

申請期限

  • 補整具購入日の翌日から1年以内
  • 令和4年4月1日以降に購入したものに限ります。

申請書類

(1)佐賀市アピアランスケア支援事業助成金交付申請書兼請求書

(2)別紙 補整具購入明細

(3)がん治療の内容を証明する書類 (*原本を提出してください)

     放射線治療、抗がん剤治療または手術などがんの治療を行ったことがわかる書類

     例)治療方針計画書、手術同意書、診療明細書、お薬手帳、医師の診断書など

 <必要記載項目>

   ①氏名

   ②治療を行った医療機関名

   ③日付(治療時期)

   ④医療用ウィッグは「脱毛の副作用を伴う治療(放射線療法や抗がん剤名等)」であることが分かる記載、乳房補整具は「乳房の切除を伴う治療」であることが分かる記載

  ※上記の書類がない場合は、以下の証明書(医療機関の証明書類発行手数料が別途かかります。)を利用できます。

   医療機関の証明書類発行手数料を、助成申請額に含めることができます。その場合、助成上限額は、補整具購入額と証明書発行手数料の合計額の2分の1(1円未満切り捨て)または2万円のいずれか低い額になります。

     例)乳房補整具20,000円+証明書発行手数料5,000円=25,000円(助成額12,500円となります。)

   がん患者補整具購入に関する証明書(PDF78KB)

(4)領収書等(*原本を提出してください。写し(コピー)は不可です。)

   領収書には、宛名(申請者のお名前※フルネーム)、購入日(発行日)、購入金額、金額内訳、領収書発行者の名称及び住所の記載が必要です。

   ※領収書に内訳の記載がない場合は、納品書、領収書内訳が確認できる書類も提出してください。

(5)振込口座通帳の写し(金融機関名、支店名、預金種目(普通・当座)、口座名義人、口座番号がわかるページの写し)

(6)委任状(必要な場合のみ)

   助成対象者(患者様ご本人)と、申請者や振込口座の名義人が異なる場合は必要です。ただし、助成対象者が18歳未満で、保護者が申請する場合は必要ありません。

   委任状(PDF286KB)

(7)申請者、来庁者等の本人確認書類

   例)運転免許証、医療保険証

関連ファイル

佐賀市ウィッグ(かつら)、乳房補整具等購入費助成制度のご案内(チラシ)  (PDF1077KB)

佐賀市アピアランスケア支援事業Q&A(R4.6)   (PDF536KB)

提出先(郵送も可)

〒840-8501 佐賀市栄町1番1号

佐賀市役所 健康づくり課 保健予防二係(本庁1階69番窓口)

電話 0952-40-7298  FAX  0952-40-7380   E‐mail kenko@city.saga.lg.jp

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康づくり課 保健予防二係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号
電話:0952-40-7298 ファックス:0952-40-7380
メールアイコン このページの担当にメールを送る