佐賀市男女共同参画推進協賛事業所

更新:2019年06月17日

佐賀市では、男女がお互いを認め合い、支え合いながら、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会の実現をめざしています。

平成20年4月に施行しました「佐賀市男女共同参画を推進する条例(愛称:パートナーシップ条例)」では、事業者の役割として

  • 事業活動において男女が均等に参画する機会の確保に努めること
  • 男女が仕事と家庭生活等における活動を両立して行うことができるように配慮すること を掲げています。

特に事業者には「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」の視点に立った働き方の意識の改革や雇用状態の多様化に対応できる条件整備が望まれています。

市内の事業所において「男女共同参画社会の実現」をめざして男女共同参画の推進に取り組んでいただいている協賛事業所を紹介します。(50音順、敬称略)

【令和元年6月14日現在175事業所登録】