Language

文字の大きさ

背景色

電子提言箱

更新:2024年04月19日

件名:子育て支援を充実させてほしい (30歳代)

出産を経験して、子育てにはとてもお金がかかると実感しました。

もっと佐賀独自の子育て支援を充実させて、少しでも出産したいと思える環境を作って欲しいです。

回答:令和 6 年 3 月 14 日回答

ご提言にもあるとおり、出産やその後の子育てには経済的にも大きな負担が伴ってまいります。

また、昨今の物価高騰がその状況に一層の拍車をかけているものと認識をしております。

このような中、全国的にも少子化が予想を上回るペースで進んでおり、現状を打破するための対策として、次元の異なる少子化対策が進められているところです。

全国一律の制度ではございますが、令和4年度から、妊娠・出産期から2歳までの支援を強化する目的で、「出産・子育て応援給付金」が創設され、妊娠届出後と出産後にそれぞれ5万円の給付を行っております。

また、児童手当についても、所得制限の撤廃や高校生年代までの延長、第3子以降の給付額の増額など、経済的支援の強化が図られる予定です。

本市としては、こういった国と一体となった取り組みを進めつつ、経済的支援のみならず、様々な側面から子育て世帯の負担軽減につながる政策を進めております。

来年度から新たに実施する取り組みをご紹介させていただきますと、就労等の要件を問わず利用できる『こども誰でも通園制度』を全国に先駆けて実施する予定です。

また、子育て中の保護者の負担を軽減するために、デジタル技術を積極的に導入し、各種手続きのオンライン化や利用料のキャッシュレス決済導入を順次進めてまいります。

このように、各自治体がそれぞれの特性や目指すべき方向性に向けて取り組みを進めている中で、本市においても子育て支援を重点施策と位置付け、取り組みを行っているところでございます。

担当部署

子育て支援部   子育て総務課   子育て政策係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁1階
電話:0952-40-7293 
  • Facebookいいねボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン