Language

文字の大きさ

背景色

電子提言箱

更新:2022年05月26日

件名:子供に手厚い制度を用意してほしい (30歳代)

 我が家は3人の子供がいます。3人目を妊娠した時にもらえるお金や制度、3人目から変わることなどを調べました。保育料や児童手当の金額が変わるということがわかったものの、その他はあまりないようでした。その際、他町ではお祝い金が出ると知り佐賀市でもないか市役所に尋ねたところ特にないとのことでした。子どもに対する支援や給付金などありますが、3人目以降などにもう少し支援があってもいいのではないかと思いました。
 育てていく上でお金がかかることはわかっていますが、妊娠中から検診費用補助以外にもっとあってほしいです。
 

回答:令和4年5月11日回答

 ご提言にあるように、子育てにはたいへんな労力と経済的な負担が伴ってまいります。佐賀市としましても、子どもを生み育てやすい環境づくりのために、様々な事業を推進しております。
 令和4年1月から、小学生までを対象としていたこどもの医療費助成制度を中学生までに拡大し、子育て世帯の経済的負担の軽減を図っております。また、昨今、共働き世帯の増加に伴い保育園等への入所のニーズが高まっていることから、保育園等の定員増加や保育士の確保を進め、待機児童の解消を図っております。この他、育児における精神的な不安や孤立感を軽減するために、各種セミナーや子育てサロンの開催なども進めているところです。
 現在、佐賀市においては、生まれてくるお子様に対する祝金などは行っておりませんが、前述した事業をはじめ、様々な側面から子育て支援の取り組みを行っているところでございます。
 

担当部署

子育て支援部 子育て総務課 子育て政策係
電 話 0952-40-7293
FAX  0952-40-7395
E-mail kosodate@city.saga.lg.jp
  • Facebookいいねボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン