Language

文字の大きさ

背景色

電子提言箱

更新:2021年06月11日

件名:赤ちゃん臨時給付金について (30歳代)

昨年の赤ちゃん臨時給付金ですが、基準日がR2年4月27日現在で佐賀市在住の方、今現在も継続して佐賀市に住民票がある人が対象でした。

“4月27日現在で佐賀市に住民票がある方”の27日は何を根拠に決定したのでしょうか?

回答:令和3年4月7日回答

佐賀市の「赤ちゃん応援臨時特別給付金支給事業」は、令和2年度に全国一律1人あたり10万円が支給された「特別定額給付金事業」を補完するものとして、実施しております。

特別定額給付金は、基準日(令和2年4月27日)において住民基本台帳に記録されている者を支給対象とし、このとき母親の胎内にいる赤ちゃんは支給対象ではなかったため、何らかの支援をすべきではないかとの声を受けて、佐賀市が制度を設けたところです。

県内では、佐賀市の他に10市町が同様の事業を実施しています。

このような経緯から、赤ちゃん応援臨時特別給付金の支給要件は、(1)親が基準日(令和2年4月27日)から申請時まで佐賀市民であること、(2)赤ちゃんが令和2年4月28日以降に出生した佐賀市民であること、としております。

担当部署

保健福祉部 健康づくり課 健康企画係
電 話:(0952)40-7280
FAX:(0952)40-7380
  • Facebookいいねボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン