Language

文字の大きさ

背景色

電子提言箱

更新:2021年03月16日

件名:メガソーラーの適切な設置について (20歳代)

 近年、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の設置、開発を巡り環境問題や住民トラブル等が起きる事例が全国で頻発しております。

 つきましては、メガソーラーの適切な設置等に関して、抑制地域の制定や市長の同意を前提とした条例の制定を強く求めます。

回答:令和3年3月2日回答

 提言者様もご存知のとおり、世界的動向だけでなく、国も再生可能エネルギーへの転換について政策的に舵を切られました。

 本市においても地球温暖化対策の観点から、再生可能エネルギーの導入や有効活用について推進しているところです。

 本市におきまして、現在のところメガソーラー立地に伴う周辺住民とのトラブル等は把握しておりませんが、本市においても今後、再エネ発電設備の増加が図られる可能性は十分にあると考えております。

 ただその立地においては、他事業による開発と同様に、一定の自然環境や景観等への配慮、災害防止措置などが必要です。

 本市においては、市景観条例、県環境影響評価条例等において、現在ある程度の規制がかかるしくみはありますが、この条例で十分なのか、今後は国・県の動向をみながら、適正な制度のあり方について検討していく必要があると考えています。

担当部署

環境部 環境政策課 温暖化対策室
電 話:(0952)40-7201
FAX:(0952)26-5901
  • Facebookいいねボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン