Language

文字の大きさ

背景色

電子提言箱

更新:2020年04月 1日

件名:佐賀城のお堀の水抜きについて (10歳代)

 お堀や河川を水抜きして清掃や生態系調査をするテレビ番組が有名になっています。

 佐賀城のお堀のハスの復活と外来種の捕獲のために水抜きをしてはどうでしょうか。

回答:令和2年3月26日回答

 佐賀城のお堀のハスにつきましては、今から10数年前に消滅したことがあり、佐賀大学や佐賀県が原因について調査したところ、外来種のミシシッピアカミミガメが繁殖し、ハスの葉枝や新芽を摂食していることが消滅の一因であるとの調査結果が出ました。

 そこで、佐賀県や地元の自治会、学校、市民団体が中心となって、南堀の一部を水抜きし、ミシシッピアカミミガメの捕獲とヘドロ・ごみ等の除去作業を行い、新しくハスの苗を植え付けたところ、数年後にハスが再生したという経緯があります。

 現在、お堀に生息しているミシシッピアカミミガメにつきましては、地域の方々や市民団体が定期的に駆除を実施されています。また、ハスにつきましては、今の時期は、休眠期で茶色く枯れておりますが、毎年4、5月頃から葉が出始め、6月中旬頃から8月いっぱいまできれいな花を咲かせ、お堀を彩っています。

 お堀を含めた佐賀城公園一帯の管理は佐賀県の所管である、佐賀城公園管理事務所が行っており、お堀の水抜きの実施に関しましては、佐賀県の判断となります。

 いただきましたご意見につきましては、佐賀城公園管理事務所にも情報共有させていただいております。

担当部署

環境部 環境政策課 生活環境係
電話(0952)40-7200
FAX(0952)26-5901
  • Facebookいいねボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン