Language

文字の大きさ

背景色

電子提言箱

更新:2020年02月19日

件名:路上を全面禁煙化してください (40歳代)

佐賀市の路上を全面禁煙化して違反者から罰金を徴収してください。

子供や幼児、妊婦や赤ちゃんを含めた多くの人々が望まない受動喫煙による健康被害で日々苦しんでいます。

ポイ捨てされた煙草の吸殻は深刻な環境汚染、海洋汚染の原因となっています。

 

回答:令和2年1月21日回答

 佐賀市では、平成21年4月に佐賀駅周辺を「路上喫煙禁止地区」に指定し、路上喫煙の防止及び喫煙に関するマナー向上のための啓発活動を実施しています。

 この結果、路上喫煙をする人や吸い殻のポイ捨ては大幅に減少しており、一定の成果を挙げているところです。

 このため、現在のところ、佐賀市においては路上全面禁煙化や路上喫煙に対する罰金の徴収を行う予定はありません。

 しかしながら、ご提言いただいたように、望まない受動喫煙や吸い殻のポイ捨てによる環境悪化等はなくしていかなければなりません。そこで、国においては健康増進法の一部が改正され、多くの人が利用する施設等の禁煙化が進められています。

 佐賀市においても、このような国や他都市の状況を踏まえながら、引き続き路上喫煙防止のための取組を進めていきたいと考えています。

担当部署

環境部 環境保全課
電話(0952)30-2436
FAX(0952)30-2439
  • Facebookいいねボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン