Language

文字の大きさ

背景色

電子提言箱

件名:緊急通報システム利用申請書の利用について (70歳代)

 民生児童委員として緊急通報システム利用申請書に対し署名捺印をしています。
 以前も提言いたしましたが、民生児童委員活動に必要な情報として、緊急通報システム利用申請書の写しを高齢福祉課に要求しましたが個人情報保護の観点から提供していただけませんでした。
 何のための署名捺印なのか目的を教えて下さい。
 民生児童委員が地域見守り活動をしやすい仕組みづくりをお願いします。

回答:令和元年8 月27 日回答

 ご質問いただきました「緊急通報システム利用申請書に対する民生委員の署名捺印の目的」としましては、担当地区にお住まいの高齢者等が身体病弱であるかどうかということについて民生委員に確認いただくという趣旨からお願いをしているものです。
 申請時に、民生委員が申請書の内容を確認し、署名をいただくことにつきましては、申請者本人の同意のもとで行っていただいております。
 しかしながら、申請書受理後に、市から民生委員へ申請書の写しを提供することに関してまでは、申請者本人の同意が得られていないために、佐賀市個人情報保護条例に基づき、提供を控えさせていただきたいと回答を差し上げた次第です。
 なお、民生委員への情報提供につきましては、国のガイドラインにおいて「地方公共団体の保有する個人情報については、それぞれの条例に基づいて提供が行われること」と規定されていることから、佐賀市個人情報保護条例に基づいて判断をさせていただきました。
 地域見守り活動には、民生委員児童委員協議会会長会を通じて、緊急通報システムの利用を開始された方や利用を廃止された方等のリストを配布しております。申請書受理後の利用状況については、本リストでご確認いただければ幸いです。

担当部署

保健福祉部 高齢福祉課 長寿推進係
電話(0952)40-7253
FAX(0952)40-7393
  • Facebookいいねボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン