Language

文字の大きさ

背景色

電子提言箱

件名:保育園の定員について (30歳代)

 佐賀市の保育園は今まで定員に対して120%近くの児童を受け入れていたと思いますが、現在は市が児童数を定員内に制限していると聞きました。
 待機児童が発生している状況でどうして定員内に制限しているのでしょうか。
 それと、回答がいらない提言は無いと思います。提言者の連絡先が無くてもホームページ上で回答するべきではないでしょうか。
 また、電子提言箱の記入欄に最初から回答やホームページへの公開をしない前提でチェックが入っているのはいかがなものでしょうか。

回答:令和元年8 月5 日回答

【保育所の定員について】
 国や地方自治体からの給付費を受給している全ての教育・保育施設では、「利用定員」を定めており、法令上、利用定員内での受け入れが原則となっております。
 ただし、例外として、待機児童が存在する等の「やむを得ない事情がある」場合には、保育室の面積や保育士数が法令上の基準を満たす範囲内で、利用定員を超えた受入れ(以下「弾力運用」といいます。)が認められております。
 本市においても、待機児童がおりますので、弾力運用を行い、市内の保育施設へ定員を超えて園児の受け入れをお願いしております。
 しかしながら、利用定員の120%以上の受け入れが5年間続いた場合には、施設に支払われる給付費の減算措置が適用されることとなり、施設の運営に大きな影響を与えることとなります。
 このため、本市としても、各施設と協議し施設の運営に影響の出ない範囲で園児の受入れをお願いしている状況でございます。
市といたしましてもできる限り受入れ可能となるよう施設へのご協力を依頼しているところですが、待機となることにより保護者の方へご負担をかけることについて、大変申し訳なく思うところでございます。
【市政への提言について】
 市政への提言には、氏名や住所、メールアドレスの記載がないものや回答を求められないものも多数ございます。
 また、提言者の連絡先が無い場合、提言の主旨や内容について確認することができないため、ホームページ上での回答はしておりません。
 記入欄については、提言をされる方に最初から回答やホームページへの公開を求めないことで、提言することに対する心理的負担を軽減させようとの配慮から現状のようにさせていただいております。

担当部署

(保育園の定員について)
子育て支援部保育幼稚園課 入所入園係
電話(0952)40-7286
FAX(0952)40-7395
(市政への提言について)
総務部 秘書課 広聴係
電話(0952)40-7024
FAX(0952)24-3463
  • Facebookいいねボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン