電子提言箱

件名:富士町内の小中学校に町外の子も通えるようにしてほしい (60歳代)

 現在、富士町内の小中学校は、生徒数がどんどん減りつつあります。
 中学校においては、野球部も剣道部も人数が足りないため、わざわざ大和中へ進む子もいます。
 可能であるならば、旧佐賀市内に在住の子でも富士町内の小中学校に通学できるようにしてほしいです。

回答:平成31年3月14日回答

 佐賀市では、学校を選択できる制度として、平成18年度から隣接校選択制と特認校制度を取り入れております。対象は新小学1年生と在籍している小学1年から6年生までの小学生が転入、または市内で転居した場合に保護者の希望で学校を選択できるようにしております。

 特に、特認校制度は、市内どこからでも入学できる制度で、少人数での教育、あるいは豊かな自然環境での教育を希望する児童が学校を選択できるもので、富士町内の3小学校も対象校となっています。通学につきましては、現在、保護者の責任のもとで、自力通学をお願いしているところです。

 なお、隣接校選択制、特認校制度の案内につきましては、入学する前年の10月頃に申請案内を全保護者の皆様に郵送し、ご本人の意向を十分に踏まえながら学校の指定を行っております。

 また、中学校の部活動の種類や数は、学校規模に大きく影響され、部員が不足し、大会への参加ができないといった課題があることは承知しております。教育委員会としましては、複数校合同チームで柔軟に参加ができるよう佐賀県中学校体育連盟など関係団体と協議を行っているところです。中学校の部活動は、学校教育の一環でありますので、将来的にも部活動ができる環境づくりに努めていきたいと思います。

担当部署

佐賀市教育委員会 教育総務課
電 話:(0952)40-7352
FAX:(0952)40-7394