電子提言箱

件名:ゴミ捨て場の黄色いネットについて (50歳代)

 最近ゴミ捨て場で、黄色のネットを多く見かけるようになりました。

 カラスは黄色を認識できないからと言われていますが、重要なのは紫外線を反射させるかどうかです。

 佐賀市でも、黄色のネットが普及しつつありますが、紫外線の面で考慮されているのでしょうか。

回答:平成31年3月14日回答

 ご指摘のとおり、本市もカラスネットの色を黄色にしただけではカラスに対する効果がないと考えており、黄色のネットを推奨しているわけではありません。

 本市が推奨しているカラスネットは、エコマーク商品で網目が10mm以下のものであり、ごみステーションを管理されている自治会等がこれらを購入される場合には購入費の半額(上限7,000円)を補助しています。

 そうしたところ、最近黄色のネットがよく見られるようになったのは、市が補助しているカラスネットにおいて黄色のものが製作され、普及したことによるものです。

 カラスに対する効果を期待されて使用されている方もおられるかもしれませんが、カラスネットはきちんと隙間なくごみ袋を覆っていただいてこそ効果があるものです。

 そこで、本市では、正しいカラスネットの使い方を市のホームページでお知らせするとともに、カラス被害のあるごみステーションを管理されている自治会に対し助言を行っているところです。

担当部署

環境部 環境保全課
電 話:(0952)30-2436
FAX:(0952)30-2439