電子提言箱

件名:佐賀市のご当地ナンバープレートを作ってほしい (20歳代)

 他県を旅行していると、ご当地ナンバープレートの付いたバイクをよく見かけます。
 佐賀市もバルーンフェスタの会場をモチーフにしたバルーンのご当地ナンバープレートを検討して下さい。
 唐津、白石、神崎、鳥栖、はご当地ナンバープレートがあるのに、なぜ佐賀市のご当地ナンバープレートがないのか、と思いました。

回答:平成30年3月29日回答

 市町で交付を行う原付バイク等のナンバープレートは、本来軽自動車税の課税を行うための標識であることから、プレートや文字の色や大きさ等に決まりがあり、自賠責保険のシールを貼るスペースも必要なため、PRを行う素材を表現できるスペースにある程度の制約があります。
 ご当地ナンバープレートについては、以前から本市においても検討を行っており、バルーンのナンバープレートについては、佐賀市の代表的イメージであるバルーン大会を市民のみなさんに意識していただくなど、一定の効果は期待できるものと考えます。
 一方で、費用の面では、デザイン等により従来のナンバープレートに比べ3倍から10倍程度の作製費用がかかること、既に導入されている他市の状況では、従来のナンバープレートを望まれる方も多くおられること、年齢層や車種によってはご当地ナンバープレートを希望される割合に開きがあることなどを確認しています。
 このほか、原付バイク等の登録台数が年々減少傾向にあることや、原付バイク等が主に市内で利用されることが多く市外でのPR効果が得られにくいことなど、費用対効果の面でも課題があるという現状もございます。
 以上のことから、現時点ではご当地ナンバープレートの導入は難しいものと考えております。

 今後とも、佐賀市の税務行政につきまして、ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

担当部署

市民生活部 市民税課 諸税係
電 話 0952-40-7064
FAX 0952-25-5408
E-mail: shiminzei@city.saga.lg.jp