電子提言箱

件名:男性用のおむつ替えルームの設置と保育園の定員について (30歳代)

 バルーンフェスタで男性が子供のおむつを替えられる場所がなく、いつも困っています。
 河川敷の上の多目的トイレは関係者以外立ち入り禁止になっているし、バルーントイレまで行くのは大変です。
 ですので、多目的トイレを利用可能にしていただくか、おむつ交換のできるトイレを数箇所に設けていただきたい。
 ひな祭りなどの他のイベントでも配慮して頂けると助かります。
 また、保育園の定員が少なすぎて入れませんでした。
 対策をよろしくお願いします。

回答:平成30年3月15日回答

【おむつ替えルームの設置について】

 このたびは、ご不便をおかけし、申し訳ございません。
 例年秋に開催しております佐賀インターナショナルバルーンフェスタには、ご家族連れのお客様が多数来場されるため、小さなお子様のおむつ替えや授乳ができるベビールームを、現在3箇所(バルーン広場運営本部横、憩いの広場本部横、憩いの広場トイレ横)設置しております。
 今後これらのベビールームの場所がわかり易く、また、男女区分はございませんので、男性でもご利用し易いような表示等を検討したいと思います。
 次に、バス乗り場のある建物は「嘉瀬川防災ステーション」のことと思われます。当施設のトイレは、下水道ではなく浄化槽にて汚水を処理しているため、短期間に処理できる量が制限されております。
 バルーンフェスタのように大きな大会で、短期間に多数の利用があった場合、処理能力をはるかに超え、故障してしまう可能性があるため、お客様には、フェスタ会場内のトイレのご利用をお願いしております。
 どうかご理解とご協力をお願いいたします。

【保育園の定員について】

 この度は、保育園の入所の御希望に沿うことができず、誠に申し訳ございませんでした。
 保育園の定員に関する提言をいただきましたので、佐賀市の現状について御説明いたします。
 本市においては、保育定員を増加させるために保育施設の整備等に対して補助を行うなどの対策を講じ、定員増加を図っているところです。
 保育定員の推移については、平成27年度に子ども子育て新制度の開始にあわせ多くの幼稚園が認定こども園に変わったことや上記の対策等により新たな施設が増えたこと等から、26年度に比べ平成27年度に1,650人(3,985人→5,635人)定員が増えております。
 また27年度以降も新たな園が創設されるなど毎年300人程度ずつ増え、平成29年度当初の保育定員は、6,300人(26年度比2,315人増)となっております。
 しかしながら、定員の増加以上に近年保育園等の利用を希望される方が増えており、本市においても御希望に沿えない場合が発生しております。
 本市としましては、今後とも保育定員の増加に努めていきたいと考えておりますので、御理解いただきますようお願いいたします。

担当部署

佐賀市 経済部 観光振興課 バルーン係 
TEL 0952-40-7110・7111
FAX 0952-26-6244
e-mail:kanko@city.saga.lg.jp

佐賀市 子育て支援部 保育幼稚園課 
TEL 0952-40-7294
FAX 0952-40-7395
e-mail:hoiku@city.saga.lg.jp