ソフトウェアパッケージ開発・販売の株式会社プロシップと進出協定締結!

株式会社プロシップ様(東京都千代田区)と佐賀市は、3月22日(金)に進出協定を締結しました!

株式会社プロシップは、国内外の大手・上場企業を中心に導入実績がある固定資産管理システム 「PloPlus」シリーズ を中心に、固定資産管理に関する総合的なソリューションの開発・販売を手掛ける企業です。

佐賀市での新事業所は、令和7年4月に操業開始を予定しており、佐賀市に決めたきっかけのひとつは、現・代表取締役社長の山口法弘さんが佐賀出身だからだそうです。(ちなみに山口法弘さんは、1994年に佐賀商業高校が甲子園で優勝を決めた時のメンバー(サード)です!すごい!)

進出協定締結式の様子



右から
株式会社プロシップ
代表取締役副社長 鈴木 資史(すずき もとし)様 
佐賀市長 坂井 英隆


協定書にサインする様子

 


株式会社プロシップ 代表取締役副社長 鈴木 資史様
「佐賀の皆さん、お待たせしました!プロシップは、佐賀を盛り上げていきたいと考えています。佐賀とともに世界一になり、佐賀の皆さんに愛される企業になれるよう取り組みます。よろしくお願いします。」

 


坂井市長
「産学官の連携が取りやすい地域でITにも力を入れているという点で佐賀市を選んでいただきました。プロシップ様が佐賀から世界へ発展していくことを楽しみにしています。佐賀の有力な人材にとって、魅力的な働く場ができることはとても重要なことです。」

 

進出協定式について詳しくはコチラ(企業立地課)

企業リンク

株式会社プロシップ様公式ホームページはコチラ

関連リンク

▼市長の部屋(佐賀市公式ホームページ)
 
 
▼坂井市長インスタグラム
 
 
▼坂井市長フェイスブック
 
閉じる