バイオマス産業都市さが

バイオマス産業都市さが

バイオマス産業都市さがでは、藻類産業の創出にも力を入れており、産官学金の会員で組織するさが藻類バイオマス協議会が設立されています。

佐賀市は、日本で初めてごみ焼却時に発生する排ガスの一部から二酸化炭素(CO2)を取り出し、化粧品などの原料を生産する微細藻類の培養や農作物の栽培に利用するCCU事業(Carbon dioxide Capture and Utilization)を行っています。

CCU事業をはじめ、「廃棄物であったものがエネルギーや資源として価値を生み出しながら循環するまち」を目指す“バイオマス産業都市さが”の取組は、環境の保全と経済の発展を両立する取組として、フィンランドなどの環境先進国からも注目されています。


資源循環図

これらの取り組みによって生み出される”新しい価値” 

様々な資源の活用・循環によって、新たな産業と価値を創出し、豊かな地球環境を子どもたちや未来を生きる世代につないでいきます。
取り組みの詳細は こちら


取り組みとSDGsの対応

さが藻類バイオマス協議会について

さが藻類バイオマス協議会は、地域独自の バイオマス資源と併せて、健康食品や化粧品、機能性飼料、バイオ燃料など幅広く商業化が期待できる藻類を活用した事業展開を図っています。

詳細は こちら

バイオマス関連の佐賀市ふるさと納税

〈二酸化炭素を使ってこどもから高齢者まで喜ぶ社会に〉〈持続可能な脱炭素・資源循環のまちづくりのために〉 佐賀市を応援しませんか?

抗酸化作用をもつ、話題の「アスタキサンチン」を使用した商品が佐賀市のふるさと納税に登場しました。

詳細は こちら

佐賀市の企業版ふるさと納税【ふるコネ申込みサイト】は こちら

企業版ふるさと納税については こちら

関連リンク

・SDGsについては こちら
・バイオマス産業都市さがについては こちら
・二酸化炭素分離回収事業については こちら
・企業版ふるさと納税については こちら
※佐賀市への応援お待ちしております!