Language

文字の大きさ

背景色

熱中症に注意しましょう

更新:2023年07月26日

1.令和4年の熱中症による救急搬送者のうち、半数以上は、65歳以上の高齢者の方となっております。

高齢者の方が熱中症になりやすい要因として、

(1) 体内の水分が不足しがちである

(2) 暑さやのどの渇きを自覚しにくい

(3) 暑さに対する体の調整機能が低下している

などがあげられます。

また、マスク着用については、体に熱がたまり、熱中症になりやすくなるので、状況に応じてマスクをはずすなど、注意が必要です。

熱中症を防ぐには、予防が大切です。

熱中症の具体的な予防行動については、こちらをご覧ください。 ⇒ 熱中症に注意しましょう

2.熱中症警戒アラートが発表された日に「涼める場所」を開放します。⇒ 熱中症警戒アラート発表状況

(1) 猛暑日は熱中症リスクが高まるため、次の場所において「涼める場所」を開放します。(利用対象者:60歳以上の方)

巨勢老人福祉センター(巨勢町大字高尾83-7)電話番号:24-5433

平松老人福祉センター(末広2丁目12-5) 電話番号:22-0441

開成老人福祉センター(鍋島町大字森田27-5) 電話番号:32-1730

金立いこいの家(金立町大字千布2314-1) 電話番号:98-0540

大和老人福祉センター(大和町大字久池井2970)電話番号:62-0461

(2) 利用に当たって

利用時間:午前9時から午後4時まで(日曜日、祝日は休館のため利用できません)

飲料水は各自でご準備してください。

マスク着用を求められる場合もありますのでご持参ください。

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 高齢福祉課 長寿推進係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁1階
電話:0952-40-7253 ファックス:0952-40-7393
メールアイコン このページの担当にメールを送る