吉村家

更新:2017年09月 6日

吉村家

吉村家

吉村家住宅は、増改築をしようとした時、天明9(1789)年建立の墨書が発見され、現存する民家の中では県内最古のものだということが判明。増改築された背面部分を除き、原型は残されています。昭和49年には、国の重要文化財に指定。吉村家住宅は、木造平屋建て、茅ぶきの寄棟造りで、かまどや囲炉裏を配する方には煙出しを有する独特のたたずまい。県北部に多く見られる、棟が一直線になった直家(すぐや)形式が貴重な民家です。東側に土間、西側に5室あり、家の中も見ることができます。吉村家の由緒は明らかではありませんが、建物の規模や梁の長さなどが付近の民家よりも大きいことがら、上層農家ではないかと想像されます。

お問い合わせ先:佐賀市教育委員会社会教育部文化振興課 TEL0952-40-7369

所在地

佐賀市富士町上無津呂2856

交通アクセス

車:佐賀大和ICから約30分


このページに関するお問い合わせ

教育部 文化振興課 文化振興係
〒840-0811 佐賀市大財3丁目11番21号 大財別館2階
電話:0952-40-7369 ファックス:0952-26-7378
メールアイコン このページの担当にメールを送る