• 観光トップ
  • 筑後川昇開橋遊歩道を歩いてみませんか。

筑後川昇開橋遊歩道を歩いてみませんか。

更新:2016年06月 1日

  筑後川昇開橋
 

筑後川昇開橋

筑後川昇開橋

筑後川をはさんで佐賀市諸富町と大川市を結ぶかつての鉄道橋で、現在は歩道橋として再利用されています。高さ23mの東洋一の可動鉄橋です。夕日の美しいスポットで、遊覧船も運航されています。

歴史

旧国鉄佐賀線の鉄道橋として昭和10年に架設されたもので、軟弱な地盤と筑後川の干満の差が大きいため、橋脚の掘削作業は困難を極め、建設には大変な苦労があったと伝えられています。橋脚は若津の造船所で組み立てられ、2隻の台船に乗せたまま潮の干満を利用して橋脚に設置されました。

筑後川は、当時、大型船舶の運航が頻繁であったため、旧国鉄佐賀線設置時に船舶会社と協議し、列車通過以外は船舶が優先されることが約束され、現在でも可動橋は通常上がっています。

  1. 開通日(国鉄佐賀線)昭和10年5月25日
  2. 廃止(国鉄佐賀線)昭和62年3月27日
  3. 筑後川昇開橋遊歩道開通日 平成8年4月29日
  4. 国登録文化財登録 平成8年12月26日
  5. 重要文化財指定 平成15年5月30日
  6. 機械遺産認定 平成19年8月7日

昇降のしくみ

可動桁はワイヤーで昇降します。上昇するときは両側の鉄塔に下がっているウエイトが下がり、下降するときはウエイトが上がります。可動桁に平衡ワイヤーを渡し、左右のバランスをとることで強風にも耐える構造になっています。

所在地

佐賀市諸富町大字為重

TEL 0944-87-9919

時間

9:00~17:00

月曜日(祝日の場合は翌日)は休業日

交通アクセス

車:佐賀大和I.Cから約35分

バス:佐賀駅バスセンターから諸富・早津江方面、昇開橋前バス停下車すぐ

 

関連リンク情報

 

筑後川昇開橋公式ホームページ


このページに関するお問い合わせ

経済部 観光振興課 観光企画係
〒840-0803 佐賀市栄町2番8号 JA佐賀市中央ビル5階 ※経済部は2016年5月16日から仮移転しました。
電話:0952-40-7110 ファックス:0952-26-6244
メールアイコン このページの担当にメールを送る