児童扶養手当と公的年金等との併給について

更新:2017年07月 3日

児童扶養手当法の一部改正に伴い、児童扶養手当と公的年金等との併給ができるようになりました

これまで、公的年金等(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金等の額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の手当を受給できるようになりました。

今回の改正により新たに手当を受給できる可能性があるのは次のような場合です。

  • 児童を養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している場合
  • 父子家庭で、児童が低額の遺族厚生年金のみを受給している場合
  • 母子家庭で、離婚後に父が死亡し、児童が低額の遺族厚生年金のみを受給している場合 など

※ 支給要件や所得制限により、児童扶養手当を受給できない場合があります。

新たに手当を受給するための手続

児童扶養手当を受給するためには、申請手続が必要です。詳しくはお問い合わせください。

市役所 本庁1階 こども家庭課子育て給付係(1階54番~57番窓口)

電話 0952(40)7252

障害年金の子の加算

障害年金の子の加算については、これまでは児童扶養手当額が子の加算の額を上回る場合は、子の加算を受給せずに手当を受給できました。

平成26年12月以降は、まず子の加算を受給した上で、子の加算の額が児童扶養手当額よりも下回る場合には、その差額分の手当を受給することになります。

※ 児童扶養手当の概要、制度改正の詳細等については、以下をご覧ください。

児童扶養手当について

関連ファイル

【厚生労働省】児童扶養手当法改正(パンフレット)

【厚生労働省】児童扶養手当法の改正Q&A

このページに関するお問い合わせ

子育て支援部 こども家庭課 子育て給付係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁1階
電話:0952-40-7252 ファックス:0952-25-5440
メールアイコン このページの担当にメールを送る

PDFのダウンロードについて

Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード申請書、届出書などをダウンロードして印刷するためには、Adobe Reader(アドビリーダー)が必要です。
お持ちでない方は Adobe 社から無償で配布されていますので、下記のサイトからダウンロード後、インストールしてください。
Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード