シチメンソウ保全活動

シチメンソウ写真

活動紹介

シチメンソウは、ヒユ科の一年草。干潮時には陸地となり、満潮時には海水に浸るような環境に生育し、絶滅が危惧されている貴重な塩生植物です。 生長の過程で色の変化がみられ、晩秋に鮮やかな紅紫色となり、東与賀海岸を真っ赤に染め上げます。しかし、平成30年10月に原因不明の立ち枯れにより、種まきや移植作業を行ったものの生育は厳しい状況にありました。しかし、令和元年12月と令和2年1月にシチメンソウを育てる会をはじめとするボランティアのご協力により、種まきを行った2,500平方メートル(2.5区画)は順調に生育し、昨年は見事に紅葉しました。今年は、種まきの範囲を7,000平方メートル(7区画)まで拡大し、更なるシチメンソウの再生を図っています。

シチメンソウ保全活動の様子

干潟、シチメンソウヤードでのお願い

  • シチメンソウは絶滅危惧種に指定され、採取することが禁じられてています。持ち帰らないでください。
  • カニやトビハゼも生き物です。育てることができない方は採取しないでください。
  • シチメンソウヤードにロープを張っている箇所、シチメンソウが自生している箇所には進入しないでください。
  • シチメンソウヤードの南側木柵を超えて干潟に侵入しないでください。
  • シチメンソウヤード及び海岸堤防ではゴミを持ち帰ってください。(花火など)

具体的な保全活動の内容

  • 海岸清掃
  • シチメンソウ種とり
  • シチメンソウ種まき
  • シチメンソウヤード溝切
  • シチメンソウヤード土壌改良(攪拌)
  • 葦、シオクグ伐採
  • 生育調査
  • シチメンソウ立ち枯れの原因究明(佐賀大学との共同研究)

シチメンソウ環境保全協力金について

この東与賀海岸には多くの野鳥や生き物、植物が生息しています。
その生き物たちと共生していくために、環境保全活動を続けていきたいと考えています。
今後も保全活動を続けていくために、シチメンソウ環境保全協力金にご賛同ください。
協力金は清掃道具の購入や、シチメンソウヤードの再生に向けた取組に使用していきます。

【募金場所】
シチメンソウの里休憩所、佐賀市東与賀支所、東よか干潟ビジターセンターひがさす

【振込での寄附】
金融機関名:佐賀県農業協同組合 東与賀支所(店舗番号8762-106)
口座番号:0059769  名義 シチメンソウ環境保全協力金

 

Webシチメンソウまつり2021
シチメンソウまつり実行委員会
Tel.0952-45-1021

©Webシチメンソウまつり2021.