Language

文字の大きさ

背景色

人権コラム(平成26年9月15日号)

更新:2015年02月26日

平成25年度人権啓発ポスターコンクール優秀作品です
平成25年度人権啓発ポスターコンクール優秀作品

あなたの人権 わたしの人権

「みんなちがって、みんないい」

東日本大震災後に、テレビコマーシャルで繰り返し流れていた童謡詩人金子みすゞ(1903~1930年)の詩が人々の共感をよんでいます。
私はよく人権・同和問題の研修で紹介する詩があります。
それは金子みすゞの代表作「私と小鳥と鈴と」です。

私と小鳥と鈴と
私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面を速くは走れない。
私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように、
たくさんな唄は知らないよ。
鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。
出典:『金子みすゞ童謡全集』(JULA出版局)より

この詩が作られた時代は、まだ日本社会の中では、一人ひとりの人権が認められていませんでした。しかし、私はこの詩に人権の本質を感じることができます。
佐賀市では、「佐賀市人権教育・啓発基本方針」を平成20年に策定しました。
性別・国籍・世代などさまざまな違いを越えて、すべての人の人権が尊重され、共に支え合い、共に生きることができる「共生社会の実現」を目指すことを基本理念としています。
一人ひとりの個性が尊重され、誰もが自分らしく生きることのできる社会をつくるためには「みんなちがって、みんないい」と感じる人権感覚が必要です。
みんなちがって当たり前。違いは人を豊かにします。

(社会同和教育指導員 西村正元)

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 人権・同和政策・男女参画課 人権啓発係
〒849-0919 佐賀市兵庫北三丁目8番36号ほほえみ館
電話:0952-40-7367 ファックス:0952-34-4549
メールアイコン このページの担当にメールを送る