産業遺産国際会議が開催されました

更新:2015年02月27日

セッションの様子

セッションの様子

レセプションの様子(1)

レセプションの様子(1)

レセプションの様子(2)

レセプションの様子(2)

産業遺産国際会議が開催されました

平成26年7月14日(月曜日)~15日(火曜日)に東京で産業遺産国際会議(主催:内閣官房、「九州・山口の近代化産業遺産群」世界遺産登録推進協議会、一般財団法人産業遺産国民会議)が開催され、佐賀市から秀島市長・黒田市議会議長が出席しました。

この会議は、佐賀市の三重津海軍所跡を構成資産の一つとする「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の2015年の世界遺産登録に向けて、国内の機運を高めるために開催されたものです。

2日間を通じて行われた8つのセッション(分科会)では、海外の専門家等を交えて、産業遺産の価値や管理保全について議論が行われました。
また、14日のレセプションには、安倍内閣総理大臣をはじめ、約1,500名もの方が出席されました。
佐賀県からは、地元企業、関東川副町人会、県・市議会など多くの方のご協力をいただき、約80名が出席いたしました。

この会議を契機として、今後、「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」に関するさまざまなPR活動が精力的に行われる予定です。

このページに関するお問い合わせ

企画調整部 三重津世界遺産課 活用係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁5階
電話:0952-40-7105 ファックス:0952-40-7382
メールアイコン このページの担当にメールを送る