Language

文字の大きさ

背景色

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)申請について

更新:2021年11月11日

「現に海外渡航の予定がある方」を対象に、新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の申請受付を開始します。

ワクチンパスポートの利用方法2

日本語(にほんご)がむずかしい外国人(がいこくじん)のひとは、やさしい日本語(にほんご)で、こちらにまとめています。・・・こちら【 PDFファイル:1.73メガバイト】

申請ができる方

・佐賀市が発行した接種券を使用して接種を受けた方で、有効期限内の旅券(パスポート)を所持している海外渡航の予定がある方。

(注1)佐賀市内の医療機関等で接種した他市の住民の方は、居住地の市区町村にて申請手続きをしてください。佐賀市では証明発行できません。
(注2)佐賀市が発行した接種券で1回目の接種を行い、接種後引っ越しし、転入先のA市が発行した接種券で2回目の接種を行った場合は、1回目分の証明は佐賀市で発行しますが、2回目分の証明はA市での発行となりますので、各々の市区町村へ証明発行申請を行ってください。
(注3)医療従事者等で、接種券付き予診票で接種された方は、接種時に住民登録されていた自治体で証明申請手続きをしてください。

※接種証明書を提示することで緩和措置がなされる対象国・地域及びその緩和措置については、外務省のWEBページ(外部リンク)よりご確認ください。

 申請に必要なもの

<必須書類>

(1) 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書【 EXCEL文書:20.7 KB 】

(2) 有効期限内のパスポートの写し【 PDFファイル:564.6 KB 】(旅券番号が記載されているページ)

(3) 接種済証の写し【 PDFファイル:878.9 KB 】 または 接種記録書の写し【 PDFファイル:507 KB 】
   *接種済証等に記載されている氏名とパスポートに記載されている氏名が違う場合、マイナンバーカードの写しが必要です。
   *接種済証や接種記録書を紛失した場合は、接種した医療機関等で保管している予診票(写)の交付を受けてから、申請時に提出してください。

(4) 返信用封筒【 PDFファイル:310.7 KB 】(84円切手を貼り付け、宛名は申請者住所を記載してください)
 

<場合によって必要な書類>

旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合

(5) 旧姓等が確認できる書類
  (例:旧姓併記のマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し等)

代理人による申請の場合

(6) 本人自署による委任状【 PDFファイル:321.5 KB 】

(7) 代理人の本人確認書類の写し

申請方法

窓口の混雑回避のため、できるだけ郵送での申請にご協力ください。

<郵送での申請>

申請に必要な書類を下記まで郵送してください。

【送付先】
〒840-8501
佐賀市栄町1番1号
佐賀市新型コロナウイルスワクチン接種対策室 宛

<窓口での申請>

申請に必要な書類を持って、佐賀市役所本庁4階西側の新型コロナウイルスワクチン接種対策室までお越しください。

*窓口申請の場合は、(4)返信用封筒は不要です。
*窓口申請の場合は、申請書類(2)(3)(5)(7)は写しの提出ではなく原本の提示でも受付ができます。

交付方法・交付時期

<郵送での交付>

申請書を受理した日から5営業日以内に発送いたします。

*発行後、郵送で送付しますので、返信用封筒(宛名を記入、切手貼付)をご用意ください。
*接種事実の確認が困難な場合には、5営業日より長くお時間をいただくことがあります。

<窓口での交付>

原則その場で交付いたします。窓口の混雑状況によっては長時間お待ちいただく場合があります。

*接種事実の確認が困難な場合には、後日交付となることがあります。

問い合わせ先

佐賀市接種手続きコールセンター

電話:0952-27-8755/FAX 0952-40-7295
受付時間:平日9時00分~17時00分

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

【担当部署】

保健福祉部 新型コロナウイルスワクチン接種対策室

〒840-8501 佐賀市栄町1番1号