Language

文字の大きさ

背景色

子どものゲームやインターネット等利用時の保護者の役割について

更新:2021年07月14日

子どもを有害な情報・環境から守るために大人がやるべきこと

生まれたときから(最終) スマートフォン等のインターネット環境の普及に伴い、便利さの反面、SNSに起因した子どもが巻き込まれる犯罪の増加や、スマホやゲーム機の長時間利用による生活リズムの乱れなどが問題となっています。

このような問題から子どもを守るべく、まちの宝である子どもたちの健やかな成長のため、佐賀市では市民総参加で子どもを育む市民運動として 『子どもへのまなざし運動』を推進しています。

     〇子どもへのまなざし運動「大人の行動指針」

この中で、「家庭」で子どもを有害な情報・環境から守るための大人が取るべき行動指針として「家族でタブレットやスマートフォン等の使用のルールを決めて共有する」、「フィルタリング機能を活用する」、「SNSやインターネット等の利便性と危険性について家族で話し合う機会をつくる」ことなどを提案しています。

保護者が家庭での役割を果たすために、まずは、安全な ネット利用のためのフィルタリングや利用時間制限などのサービスについて、よく知っておくことが大切です。有害情報などへのアクセスを防ぐため、フィルタリングサービス等を上手に活用し、子どものインターネット利用環境を整えてあげましょう。

フィルタリングやペアレンタルコントロールの積極的な活用を!

子どもの学齢に応じた閲覧制限を行うフィルタリングのほか、アプリについても、利用時間の設定、ダウンロードの制限などを行うことが可能です。

見守る側としてどのような対策ができるのか、各社のサービスをご確認ください。

※青字部分をクリックすると、各社のホームページにつながります。

【スマートフォン(あんしんフィルター)】

NTTドコモ 

KDDI 

ソフトバンク  

【ゲーム機(ペアレンタルコントロール)】

任天堂

日本マイクロソフト

ソニー・インタラクティブエンタテインメント   

佐賀市青少年センターだより まもる君(令和3年3月発行)

以上の内容は、令和3年4月に佐賀市内の小・中学校児童・生徒に配布した、「佐賀市青少年センターだより まもる君」に掲載しています。このほかにも、青少年センターの開館時間や相談窓口の案内などを紹介していますので、是非、ご覧ください。

まもる君【 PDFファイル 】

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

教育部 社会教育課 子どもへのまなざし運動・若者支援推進室
〒840-0831 佐賀市松原二丁目2番27号 佐賀バルーンミュージアム3階
電話:0952-40-7354 ファックス:0952-24-2332
メールアイコン このページの担当にメールを送る