Language

文字の大きさ

背景色

農福連携の取り組みについて

更新:2021年05月 7日

 本市では、障がい福祉分野と異業種、特に農業と連携していくことで、障がい者の工賃向上を図る取り組みを行っています。

農福連携とは

 農業側には、後継不足と高齢化により、労働力が不足する状況にあり、農地を管理したり、安定的に農産物を生産することが困難になっています。一方、福祉側では、就労の機会に恵まれておらず、月額工賃も約18,000円と低い状況にあります。

 これら農業側と福祉側、双方の課題をお互いが連携することで解決を目指していく取り組みを農福連携といいます。

 本市は、特定非営利活動法人佐賀中部障がい者ふくしネット(以下「ふくしネット」という。)と共同で、この取り組みを推進しています。

 

本市の取り組み

◆平成30年4月から、ふくしネットとJAさが富士町営農センター、佐城農業改良普及センター(北部振興)とが連携し、佐賀市北部のJAさが北山予冷センター(富士町)において、ほうれん草の出荷調整作業をおこなっており、平成30年度は2事業所、令和元年度以降は1事業所が作業に従事しています。また、北部地区では、パセリの移植作業もおこなっています。

ほうれん草調整場

◆平成31年3月以降、市平野部においても農福連携の取り組みは広がり、JAさがの大和みかん選果場において、センサーで判別されたデコポンを等級ごとにコンテナにいれる作業やみかんにシールを貼る作業、袋に入れる作業等を行っています。(4事業所)

 また、大和地区のみかん農家、たまねぎ農家宅での作業も増えています。

みかん選果場1 19.7.19玉ねぎ根切り葉切り作業(天山)2

啓発DVDについて

 市全域に農福連携の取り組みを広げていくため、啓発用のDVDを制作し、イベントや研修会等で使用してきました。今後は、各事業所や農家等にDVDを配布するとともに、Youtube等も活用して農福連携を推進していきます。

DVD 1 DVD 2

DVD 3 DVD 4

◆Youtubuはこちらへ

https://www.youtube.com/watch?v=SAUOxBetYEk

 

 

 

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 障がい福祉課 生活支援一係・二係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁1階
電話:0952-40-7255 ファックス:0952-40-7379
メールアイコン このページの担当にメールを送る