Language

文字の大きさ

背景色

【教育長だより】いのちの尊さと平和

更新:2017年06月27日

平成26年3月20日

冬型の気圧配置が緩み、春一番が吹き始める頃になると春を告げるうぐいすの初音が聞かれるようになります。

やがて桜の開花により、いよいようららかな陽気の春が訪れます。

孟浩然の詩に“春眠暁を覚えず 処々啼鳥を聞く”

とあるように、春のあけぼのの眠りは格別に心地よいものです。

先日、福岡県筑前町立「大刀洗平和記念館」を訪れました。

学芸員に展示品や資料等について丁寧に説明を受けながら見学をしたところです。

その説明によりますと、かつてこの地は、東洋一と謳われた広大な飛行場があり、旧日本陸軍が誇る西日本最大の航空拠点で、その関連施設が広がり一大郡都として発展した所だそうです。

しかし、昭和20年3月27日からの米軍による空襲で、施設は壊滅し多くの犠牲者がでています。

特に、立石国民学校(現在の朝倉市立立石小学校)を下校中の子どもたちは、日ごろ通りの避難にもかかわらず幼い命を落としています。

また、この飛行場は特攻の中継基地として数多くの若き特攻隊員の出撃を見送った場所でもあると言うことです。

この平和記念館は、戦争という痛ましい事実が風化しつつある中で、歴史的事実を踏まえ、旧日本陸軍大刀洗飛行場の概要と歴史を紹介し、平和の大切さを語り継ぐ情報発信基地としての役割を果たしていきたいとのことです。

この日は、福岡県内の小学校の児童が平和教育としてここを訪れ、体験学習をしていました。

偶然同じ会場で、その子どもたちと一緒に映画を鑑賞し朗読を聴く機会となりました。

それは、約70年前の時代にタイムスリップし、当時を彷彿させるに余りあるものでした。

子どもたちの中には涙を浮かべる者もいて真剣そのものでした。

きっと、それぞれの子どもの心に平和の尊さ、命の大切さの種が蒔かれたのではないでしょうか。

やがてこの子どもたちによって世界が手をつなぎ、恒久平和へとつながることを期待したところです。

ところで、鹿児島県南九州市は「知覧」を世界記憶遺産登録のために、「知覧特攻遺書 知覧からの手紙」を申請されたとの記事を読みました。

私も過去に3回程知覧特攻平和会館を訪れましたが、そこは戦後、旧陸軍知覧飛行場跡に建設されており特攻隊員の遺影や遺品などが展示されています。

大戦末期、知覧の特攻基地からは多くの若者が飛び立ち尊い命を落とし帰らぬ人となっています。

全国から集まった隊員の残した手紙、遺書には、ふるさとやふるさとで暮らす親や家族への想い、愛情に溢れています。

今、世界を見渡しますと、必ずと言っていいほどどこかで国内的にも国際的にも紛争や緊張状況がみられます。

人類は、これまでに大きな戦争を繰り返したにもかかわらず真の世界平和が見えてこないのはなぜでしょうか。

間もなく戦後70年が経とうとしており、戦争体験を語れる方は少なくなりました。

私たち大人は、戦争体験談とともに命の大切さ、平和の尊さを、いろいろな方法で後世にきちんと語り継いでいく責任があります。

戦争は、人が人の命を奪い人として生きる権利を否定する最悪の人為的行為で、その過ちは決して繰り返してはならないのです。

学校においても、いじめや不登校、児童虐待など、目の前に多くの苦しんでいる子どもがいるという現実があります。

これらの解決のためには、人権や命の大切さ、平和についての正しい理解と実践力を身につけた人づくりが必要です。

その役割を担うのは教育です。

教育以外にはありません。

佐賀市では、人権・同和教育研究会を組織し、下記の3本の市内共通テーマ

  1. 人権が尊重される環境づくり
  2. 人権が尊重される人間環境づくり
  3. 人権が尊重される学習活動づくり

の実現を目指して全小中学校で具体的な取組みをしているところです。

人権尊重の教育や平和学習・平和集会、そして長崎や広島、沖縄での体験学習についてその成果報告があったところです。

15日には、保育所の卒園式に参加し、園児たちの澄んだ瞳と心に感動しました。

涙ながらにも、一生懸命に歌ってくれたお別れの歌「てをつなごう」が大変印象に残りました。

せかいの みんなが もし 手をつないだら

すぐに だいすきになって うれしくなっちゃうね

手をつなぐって まるで まほうみたいだね

しらない だれかさんだった

きみとぼくは もうともだちだ

手をつなごう! 手をつなごう!

手をつないだときのほうが ちからがわいてくるよ

やさしい気持ちになるよ

手をつなごう! 手をつなごう!

うそじゃないさ たしかめてみよう

さぁ いっしょに てをつなごう!

 

市民のみなさんには、平成25年度の佐賀市教育委員会の取り組みにご理解とご協力をいただき感謝申し上げます。

来年度もよろしくお願いします。

関連リンク

これまでの教育長だよりはここをクリックしてください。

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育総務課 教育政策係
〒840-0811 佐賀市大財3丁目11番21号 大財別館3階
電話:0952-40-7352 ファックス:0952-40-7394
メールアイコン このページの担当にメールを送る