Language

文字の大きさ

背景色

ロタウイルス感染症ワクチンの定期接種について

更新:2020年10月 2日

令和2年10月1日からロタウイルス感染症ワクチンが定期接種となります。

ロタウイルス胃腸炎とは?

 口から侵入したロタウイルスが腸管に感染して発症します。感染力が非常に強く、手洗いや消毒などをしっかりしても、感染予防をすることが難しいため、乳幼児のうちに、ほとんどの子どもが感染します。下痢や嘔吐は1週間程度で治りますが、下痢・嘔吐が激しくなると、脱水症状を起こす場合もあり、乳幼児の急性胃腸炎の入院の中で、もっとも多い感染症です。一生のうちに何度も感染するウイルスですが、初めてロタウイルスに感染した時は、特に重症化しやすく、まれに脳や腎臓に影響をおよぼすこともあり、注意が必要です。生後、すぐに感染する場合もあるので、ワクチンの接種は、早くはじめて早く完了させましょう。


                                                  

対象者

令和2年8月1日以降に生まれた人

※10月1日より前に任意接種(自費)ですでにロタウイルスワクチンの接種を受けたことがある人は、すでに接種した回数分の接種を受けたものとみなします。

ワクチンの種類・接種時期・接種回数

   ワクチン名  ロタリックス                                ロタテック
    接種時期 出生6週0日後から24週0日後 出生6週0日後から32週0日後
 接種回数 2回接種(27日以上の間隔をあける) 3回接種(27日以上の間隔をあける)

※どちらのワクチンも、生後2か月から出生14週6日後(生まれた日の曜日から15週目の同じ曜日の前日)までに1回目を接種します。

関連ファイル

ロタウイルス感染症ワクチン説明書【 PDFファイル:229.8 KB 】

予防接種カレンダー(R2.10.1~)【 PDFファイル:83.1 KB 】

令和2年度佐賀市予防接種実施医療機関一覧【 PDFファイル:125.5 KB 】

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康づくり課 母子保健係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号
電話:0952-40-7282 ファックス:0952-40-7380
メールアイコン このページの担当にメールを送る