Language

文字の大きさ

背景色

令和2年7月豪雨に伴う農業被害における産地緊急支援対策について

更新:2020年09月 3日

令和2年7月豪雨の影響により、産地において、作物、農地、農業用ハウス等に大きな被害が発生し、農業経営及び農作物の出荷に大きな影響を及ぼしているところです。

このため、被災した産地における営農再開を加速し、農作物の出荷の円滑化を図る取組を支援するための事業が創設されました。(国の直接採択事業です。)

 

7月豪雨対応産地緊急支援事業のうち産地緊急支援対策に係る公募について

事業実施主体

受益農家が3戸以上の農業者の組織する団体

補助対象経費

◎営農再開支援

 ア 資材の調達支援

 (ア)早期営農再開 令和2年度中の営農再開に必要な生産資材(種子・種苗等の消費材に限る)の購入経費並びに令和2年度中の営農再開に必要な作業委託費及び農業機械等レンタル経費(補助率:1/2以内)

 (イ)作物転換・規模拡大 被災を機に作物転換・規模拡大等を図る場合に必要な生産資材等(パイプハウスのパイプ等の撤去費用を含み、種子・種苗の消費材を除く。)の購入等経費(補助率:1/2以内)

 イ 栽培環境整備

 (ア)作物残さ等の撤去 被災に伴い新たに必要となった作物残さや飛散したガラス等の撤去により、次期作又は作物転換に向け、良好な栽培環境を整備するために必要な掛かり増し経費(補助率:定額(作物残さ:1,500円/10a以内、ガラス等:14,000円/10a以内))

 (イ)追加防除・施肥 被災からの生産回復等に向けて追加的に必要となる薬剤及び肥料の購入並びに土壌診断に必要な掛かり増し経費(補助率:1/2)

 (ウ)防除方法の転換 被災を機に地上防除から航空防除に転換した際の航空防除委託経費(補助率:1/2)

 ※ア~イの注意点:助成対象経費の根拠が分かる資料(納品書、請求書等)を添付すること。

 ウ 土づくり 災害復旧事業により客土工法を用いて復旧したほ場において、堆肥の追加的な投入を行った場合及び緑肥の適量のすき込みに必要な経費(補助率:定額(10,000円/10a以内)

 ※注意点:事業に取り組む農業者が平年時において投入する堆肥の量に対し、その半分以上の量の堆肥を追加投入する場合に限ることとし、助成対象経費の根拠が分かる資料を添付すること。

 エ リース方式による農業機械等の導入 被災を機に作物転換・規模拡大等を図る場合に必要な農業機械等をリース方式により導入するために必要な経費(補助率:本体価格1/2以内)

 ※注意点:農業機械等は本体価格(消費税除く)が50万円以上のものとする。共同利用又は担い手への機械作業の集約化に必要な農業機械等とする。

 オ 収獲・調整作業 被災により必要となった収獲・調製作業に要する掛かり増し経費(補助率:定額(8,000円/10a)

 ※注意点:作業労賃等の根拠がわかる資料を添付すること。

国の公募期間

第1期:令和2年8月17日(月)から令和2年9月25日(金)17時まで

第2期:令和2年9月28日(月)から令和2年10月30日(金)17時まで

必要書類

必要書類等については、農林水産省ホームページをご参照ください。

上記の申請を行う際には、申請書類に市が発行する被災証明を添付する必要があります。(被災証明の発行には時間がかかりますので事前にご相談ください)

 

(農林水産省ホームページ公募URL)

https://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/200807_111-1.html

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 農業振興課 施設整備支援係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁4階
電話:0952-40-7119 ファックス:0952-40-7391
メールアイコン このページの担当にメールを送る