Language

文字の大きさ

背景色

マイナンバーカードの健康保険証利用について

更新:2020年09月 9日

令和3年3月(予定)からマイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります。

利用が開始されると、医療機関や薬局の受付でマイナンバーカードをカードリーダーにかざすと、医療保険資格の最新情報をオンラインで確認できるようになります。

  • 利用開始後もこれまでどおり保険証は交付されます。
  • 医療機関や薬局によって開始時期が異なります。

保険証利用に必要な手続きについて

保険証利用に必要な手続は、「マイナポータル」※で行うことができます。

マイナポータル マイナンバーカードの健康保険証利用<外部リンク>

以下のものを準備いただき、マイナポータルAP※のインストール(上記のリンクから案内しています。)後、申請いただけます。

  1. マイナンバーカード
  2. 数字4桁の暗証番号
  3. 対応機器(マイナンバーカード読取対応のスマートフォン(または、パソコン+ICカードリーダ) )

 

※ マイナポータル

政府が運営するオンラインサービス。子育てや介護をはじめとする行政手続がワンストップで行うことができ、行政機関からのお知らせを確認できます。

マイナポータルトップページへ<外部リンク> 

※ マイナポータルAP

さまざまなオンライン行政サービスで、マイナンバーカードを利用するためのアプリケーションです。

マイナンバーカード利用のメリット

  • オンラインによる資格確認により、高額療養費の限度額認定証の交付申請が不要になります。
  • 「マイナポータル」で自分の薬剤情報や特定健診情報を令和3年中から確認できるようになる予定です。また、本人同意のもと、オンラインで医師などが薬剤情報や特定健診情報を確認できるようになることで、医療の質の向上が図られます。
  • 「マイナポータル」を通じて、自身の医療費情報を令和3年秋頃から確認できるようになる予定です。「マイナポータル」から医療費情報を取得することにより、領収書がなくても確定申告の医療費控除を受ける手続ができるようになります。
  • 医療保険の請求誤りや未収金が減少するなど、保険者等の事務処理のコスト削減につながります。

 

マイナンバーカードの安全性

  • マイナンバーカードの健康保険証利用は、ICチップの中の電子証明書のみを使用し、マイナンバー(12桁の番号)は使いません。
  • 医療機関や薬局の窓口職員がマイナンバーを取り扱うことはありません。
  • 他人にマイナンバーを見られた場合でも、他人がその番号を使って手続きすることはできない仕組みになっています。
  • 診療情報がマイナンバーと紐づけられることはありません。
  • カードのICチップの中に、受診歴や薬剤情報などのプライバシー性の高い情報が記録されることはありません。
  • 紛失や盗難などの場合は、フリーダイヤルにより、24時間365日、カードの一時利用停止を受け付ける体制がとられています。

関係機関からの最新情報

マイナンバーカードの健康保険証利用について、詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 保険年金課 資格賦課係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁1階
電話:0952-40-7272 ファックス:0952-40-7390
メールアイコン このページの担当にメールを送る