Language

文字の大きさ

背景色

平成17年10月臨時教育委員会の会議結果

更新:2017年06月27日

平成17年10月1日 臨時

平成17年10月の臨時教育委員会の結果については下記のとおりです。

            記

  1. 開催日時 平成117年10月1日(土) 午前9時30分から午前10時
  2. 開催場所 佐賀市役所 大財別館4-2会議室
  3. 出席者名
    教育委員:北島委員長 菱岡委員 龍野委員 田部井教育長
    事 務 局:白木部長 岩橋教育総務課長 東島学校教育課長 北川学事課長
    花田生涯学習課長 坂井こども課長 久富青少年課長 山下図書副館長
    豊田教育総務副課長
  4. 傍聴者数 なし
  5. 報道関係者 なし
  6. 提出議案
    1. 教育委員会規則の制定について
    2. 教育委員会職員の任命について
    3. 公民館館長の任免について
    4. 公民館運営審議会委員および大和生涯学習センター運営審議会委員の委嘱について
    5. 教育委員会の職務権限に関する事項についての承認
  7. 協議事項
  8. 会議録

(委員長)

教育委員会のほう始めさせていただきます。5人の委員のうちC委員さんが都合で今日は欠席という事で、4人の委員さんが出席をとなっていますので、適法に成立いたしております。これより議事を始めたいと思います。まず第1号議案佐賀市教育委員会規則の制定についてご説明をお願いします。

(教育総務課長)

第1号議案教育委員会規則の制定について、このことについて別紙のとおり提出します。提案理由といたしましては、地方教育行政組織の組織および運営に関する法律第14条第1項の規定により議案を提出します。

内容といたしましては新市設定に伴い教育委員会規則の制定の必要とするものとございまして、教育委員会規則46号までの制定でございます。ページの右側に変更点を書いております。空欄となっているところは、変更がないということになります。この規則の第1号から第46号まで一括して審議をお願いします。

(委員長)

今、事務局の方から説明がありましたとおりでございますけど、ご質疑等がありましたらどうぞ宜しくお願いします。特にないようでございますけど、採決これでよろしいでしょうか。

では、第1号議案の佐賀市教育委員会規則の制定についてということで原案どおり可決いたしたいと思いますけどよろしいでしょうか。

(異議なしの声あり)

次に第2号議案の佐賀市教育委員会職員の任命についての事務局の説明をお願いします。

(教育総務課長)

第2号議案教育委員会職員の任命について、このことについて別紙のとおり提出します。議案理由といたしましては、佐賀市教育委員会教育長に対する事務委任規則第2条第6号規定に基づきこの案を提出します。この事務委任規則第2条は、教育長に対しての事務委任の規則の中で教育委員会に諮らなければならない事項でございます。この第2号議案につきましては、管理職の任命の承認を諮るものでございます。任命について、職員名を読み上げます。教育部長、それから副理事2人はまだ辞令交付のため出席しておりませんので課長級の方から紹介します。

教育総務課長 岩橋政信、学校教育課長 東島正明、学事課長 北川和敏、生涯学習課長 花田健児、こども課長 坂井直博、青少年課長 久富昇、図書館副館長 山下行夫、

これ以降読み上げる職員は、この委員会へは出席しておりません。

こども課城東保育所所長 溝口可奈子、文化財参事 久保武男、青少年課参事 石橋徳二郎、諸富出張所教育課長兼総務係長兼諸富町公民館長 重松正泰、大和出張所教育課長 山口亮栄、大和出張所教育課参事兼生涯学習係長 下村裕介、富士出張所教育課長 篠原大助、三瀬出張所教育課長兼三瀬公民館長 津上義臣 以上です。

(委員長)

今、事務局の方から第2号議案についての説明がございました。佐賀市の教育委員会職員(管理職)の任命についてということで氏名をあげさせていただきましたけど質疑等がありましたらどうぞよろしくお願いします。

(教育長)

ありません。

(委員長)

特に異議なしということでございますけど原案のとおりでよろしいでしょうか。

はい。では、第2号議案可決させていただきます。

続きまして、第3号議案佐賀市立公民館館長の任免について宜しくお願いします。

(生涯学習課長)

第3号議案、佐賀市立公民館館長の任免について別紙のとおり提出します。提案理由としましては、佐賀市教育委員会教育長に対する事務委任規則第2条第5項第5号規定に基づきこの案を提出します。推薦者名簿といたしまして、それぞれ読み上げたいと思います。

(別紙、資料のとおり各公民館長推薦者名を読み上げる)

以上でございます。

(委員長)

今、担当の課長さんより説明をいただきましたけど何か質疑等はありませんでしょうか。

質問があります。今、旧佐賀市の公民館長さんは公募になっていますが、今度、新佐賀市になって旧の三町一村の公民館長さんの今後の決定については、公募ということになるんですか。それとも今までのような形で?その辺はまだ?今後決めるのですか。

 

(生涯学習課長)

一応任期が2年となっておりますので、10月1日から平成19年3月31日までになります。前回佐賀市の19公民館につきましては、2年後の後は再任する方。それから75歳到達のために年齢オーバーで公募する方。こういう方が出てまいります。今回嘱託の館長さんは富士の公民館長さんが新たに加わりました。富士の山崎公民館長は10月1日付けですので、2年後は再任するかしないかの協議をし、さらに2年後には公募をお願いしたいと、このように考えております。以上旧佐賀市の公民館長の選任の仕方に合わせ、実施していく予定です。

(委員長)

規定に沿ってということですね。

(生涯学習課長)

規定に沿ってです。

(委員長)

わかりました。他にございませんだしょうか。よろしいですか。なければ、第3号議案につきましても、承認をさせていただきます。では第4号議案に入ります。公民館運営審議会委員および大和生涯学習センター運営審議会委員の委嘱についてということで事務局よろしくお願いします。

(生涯学習課長)

第4号議案「公民館運営審議会委員および大和生涯学習センター運営審議会委員の委嘱について」このことについて、別紙のとおり提出します。提案理由につきましては、教育長に対する事務委任規則2条第10号に基づきこの案を提出します。先程の公民館にそれぞれに10名以内の公民館運営審議委員を置くことになっておりまして、12から13ページから22ページまでが公民館の運営審議委員の推薦名簿でございます。それから23ページは、大和生涯学習センターの運営審議会委員。以上10名の方々のお名前をあげております。その中で、蓮池公民館につきましては、どうしても1名が欠員が出ましたので、9名になっております。条例規則では、10名以内となっておりますので、これで委員の方をよろしくお願いしたいと思います。以上です。

(委員長)

今、事務局の方から説明をいたしましたけど、何かご質疑等ありましたらどうぞよろしくお願いします。

任期ですけど一応2年ということになっておりますが、従来の公民館運営審議委員さんは1年だったですかね。その辺のことと、それによって、例えばこういう委員さんというのはどちらかというと、3月末というのは、結構任期がみなさん切れて、引継ぎが4月にということがございますが、そういうのはどうかなと…。これの場合、9月になりますから、また任期途中でひっくり返すようなことになるのかなと、それぞれの例えば学校とか婦人会長さんとかでいろんな方がいらっしゃいますから、そのような配慮はしておかなくてよいのかなと…しかし任期2年というのが優先されたのか…例えば3月末でどこかの時点で区切っておいて、また再任したほうがよいのか。そのような議論はされたのかどうか含めまして…お願いします。

(生涯学習課長)

まず、旧佐賀市の方の公民館運営審議会委員さんの任期は1年でございました。そして、6月1日から5月末日までという時期でございました。これは各種団体からの推薦を受けて各委員さんを選んだという経過がございます。この件につきまして、事務局、生涯学習課でも検討していましたが、ご存知のとおり公民館の運営を地域にお任せしたいということで18年4月1日から公民館運営の一部を地域が組織する公民館運営協議会の方に委託する話を進めております。もしこれが、順調にいきますと、4月1日からは運営協議会が発足しまして、発展的にこの公民館運営審議会は旧佐賀市の19校区の分は消滅するという予定になっております。そういうこともありまして、諸富、富士、三瀬が2年でございました。佐賀市が1年でございましたので議論の結果2年にしたところでございます。

(委員長)

他にございませんか。特にないようですので、第4号議案につきましては承認よろしいでしょうか。よろしいですか。第4号議案につきましても意義なしということで原案どおり可決することにします。次に第5号議案でございます。

(教育総務課長)

先ほど第2号議案で教育委員会の職員の任免について部長級と副部長級をまだ説明しておりませんでしたけどもただいま入室してきましたので紹介させていただきます。部長級 教育部長兼図書館長 白木紀好、副部長級 副理事兼文化財課長 牟田口国彦、副理事 吉村重幸。

 

(委員長)

次にいきます。第5号議案についていきます。教育委員会の職務権限に関する事項についての事務局の説明についてよろしくお願いします。

(教育総務課長)

第5号議案「教育委員会の職務権限に関する事項の承認について」のことについて別紙のとおり提出します。提案理由といたしましては佐賀市教育委員会教育長に対する事務委任規則第2条に基づく議案を提出することでございます。教育委員会の職務権限に関する事項についてということで、佐賀市教育委員会教育長に対する事務委任規則第2条の各号については以下のとおり提案します。

1号、学校教育または社会教育に関する一般方針。これは旧佐賀市の例によります。2号、学校、公民館、および図書館の設置および廃止の決定。3号、教育財産の管理の大綱。これは1市3町1村は含むことになっています。4号、人事の一般方針および懲戒は今回特段の変更はあっておりません。5号公民館長および図書館長の任免。6号教育部長等事務局職員の管理職の任免。7号、教育委員会規則の制定または改廃。これはただいま承認していただきました。8号、議会の議決を経るべき議案に対する教育委員会の意見。9号、教育委員会の歳入および歳出の大綱。これは1市3町1村は含みます。10号、社会教育委員等の委嘱。これはただいま承認していただきました。11号、通学区域、これは現行のまま新市に引継ぎ、弾力化を図ることとしています。12号教科書および教科書に順ずるものの採択。これは旧佐賀市の例によります。13号教育委員会に対する訴願、訴訟または異議の申告。14号、文化財に関する一般方針。これは佐賀市の例によるものでございます。以上です。

(委員長)

今、第5号議案の教育委員会の職務権限に関する事項の承認についてということで、事務局からご説明がありましたけどご質疑等よろしくお願いします。

よろしいでしょうか。特に無いようでございますから第5号議案につきましても承認可決します。

(教育総務課長)

その他で説明させていただきます。教育委員会の組織を図式化しております。教育委員会の新しい組織ですけども7課1図書館、出張所、職員総数部長以下338名となっております。以上です。

(委員長)

何かございましたら、その他ということで取り扱いたいと思います。

社会教育委員さんの委嘱については、今回、議案として上げなくていいのですか。

(生涯学習課長)

今回は条例の改正ということで一括改正が行われましたが、今人選中でございまして、10月の定例の委員会でお諮りしたいと考えております。

(委員長)

9月末で社会教育委員さんの任期は終わりですか。今までの方はいらっしゃらないようになるのですか。

(生涯学習課長)

全員、自動的に9月末で切れます。

(委員長)

そういう方がみんな自動的に切れるのですね。新市になったら。

(教育総務課長)

教育委員会組織のところで訂正させていただきます。学校教育課の中の小学校19校とありますけどこれは小学校が30校です。それから、中学校が15校となります。

(生涯学習課長)

公民館の数は、旧佐賀市の19と諸富、富士、三瀬の3つの、計22となります。他に、類似施設としまして、大和生涯学習センターがあります。

(委員長)

他に訂正等ありましたらどうぞ。

特に無いようでございますからこれを持ちましてすべての議事が終了いたしました。これで今日の教育委員会を終わりたいと思います、どうもありがとうございました。

関連ファイル

教育委員会規則提案資料17.10(PDF:12.0KB)

教育委員会提案事項(5号議案)17.10(PDF:4.0KB)

公民館運営審議会委員名簿17.10(PDF:19.0KB)

新市組織図17.10(PDF:8.0KB)

17センター運営委員名簿(委員会議案)17.10(PDF:5.0KB)

17公民館長名簿17.10(PDF:5.0KB)

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育総務課 総務係
〒840-0811 佐賀市大財3丁目11番21号 大財別館3階
電話:0952-40-7351 ファックス:0952-40-7394
メールアイコン このページの担当にメールを送る