Language

文字の大きさ

背景色

平成16年9月定例教育委員会の会議結果

更新:2017年06月27日

平成16年9月28日 定例

平成16年9月の定例教育委員会の概要は下記のとおりです。

          記

  1. 開催日時 平成16年9月28日 (火) 午後2時30分から午後3時
  2. 開催場所 佐賀市役所 6-2会議室
  3. 出席者名
    教育委員:北島委員長、肥高委員、古賀委員、菱岡委員、迎教育長
    事 務 局:白木部長、牟田口副部長、山下教育総務課長、東島学校教育課長、北川学事課長、
       花田生涯学習課長、坂井こども課長、久富青少年課長、仁位泰典図書館長、
       田崎図書館副館長、坂井市民スポーツ課長
  4. 協議事項
    (1) 平成16年度「佐賀市教育委員会表彰」被表彰者
       および「佐賀市教育委員会感謝状贈呈」被贈呈者について
  5. 会議は公開
  6. 傍聴者数 0名
  7. 会議結果

〔開会の宣告〕

(委員長)

ただいまから、9月の定例教育委員会を開催します。本日の日程は、配布しています日程表のとおりでよろしいでしょうか。

―異議なしの声―

(委員長)

日程表のとおり進めます。

〔会議の成立〕

(委員長)

現在5人の委員が出席しておりますので、この会議は成立しています。

〔前回会議録の承認〕

          〔承 認〕

〔教育長報告〕

(教育長)

9月1日(水)から学校では第2学期が始まりました。

また、各学校では9月の土曜日、日曜日を中心に秋の体育大会が開催されています。

一方、佐賀市議会9月定例会議が7日(火)に開会され、10日(金)から

17日(金)まで一般質問が行われ、21日(火)、22日(水)に文教福祉委員会、そして、本日28日(火)に閉会されました。

24日(金)には、高木瀬小学校の改築を祝う会が開催されました。

以上、報告致します。

(委員長)

ただいまの教育長の報告に対して、ご意見等はありませんでしょうか。

ないようですので、次に進みます。

〔提出議案〕

『第8号議案 平成16年度「佐賀市教育委員会表彰」被表彰者および「佐賀市教育委員会感謝状贈呈」被贈呈者について』担当課からの説明をお願いします。

(教育総務課長)

平成16年度佐賀市教育委員会表彰候補者の推薦理由を担当課より説明します。

(生涯学習課長)

坂田艶子さんは、佐賀市教育委員会表彰選考基準の社会教育関係に該当されており、北川副校区婦人会長9年や、佐賀市地域婦人連絡協議会副会長他の役職を努められており、功績については主に婦人会活動です。他には、人権教育の推進や水対策市民会議ほか色々な啓発活動にも携わっておられる。今年発生した竜巻による被災者に対しての炊き出し等についても婦人会長として率先した活動をされております。

(青少年課長)

古舘勇雄さんですが、昭和54年7月から平成16年7月まで25年1か月間の長きにわたり佐賀市青少年育成委員として、週1回の街頭指導をはじめ青少年の健全育成のためご尽力をいただきました。また、神野校区の班長として神野小学校の学校安全に係るシステム構築のためや神野小学校校庭の安全確保に努めていただきました。

(委員長)

2名の方が候補者としてあがっていますが、ご質問等があればお願いします。

(委員長)

婦人会活動は、選考基準に明記されており、婦人会活動は各校区で多くの方が携わっておられますが、生涯学習課のほかに市の他の部署で所管をしている部署があって表彰等が行なわれてはいないでしょうか。

(生涯学習課長)

婦人会の担当所管は生涯学習課で、自治会は総務課、PTA連絡協議会も生涯学習課で所管しています。今回の表彰候補者は、婦人会の事務局と社会教育指導員と協議をしていただき推薦をしていただきました。

(委員長)

過去に長く婦人会長を努められた方も表彰されていますか。

(生涯学習課長)

表彰されていると思います。

(A委員)

表彰基準に合った人がいるか窓口に尋ねたあと、推薦がされますか。

(教育部長)

各種団体に照会をして推薦していただき、評価基準に適応するか市で判断します。

(B委員)

2名の方の表彰に異論ははありませんが、年間表彰する枠がありますか。

(教育部長)

ありません。

(教育長)

2人とも知っていますが、立派な方です。今後も基準に合えば委員会として表彰をしていただければと思います。後に続かれる方も励みになるものと思います。

(生涯学習課長)

過去には、循誘校区婦人会長、若楠校区婦人会長、高木瀬校区婦人会長、神野校区婦人会長の4名が表彰を受けられています。

(委員長)

ほかにないでしょうか。

― なし ―

(委員長)

ないようですので、表彰については承認します。次に『「佐賀市教育委員会感謝状贈呈」被贈呈者について』説明をお願いします。

(教育総務課長)

こども課、青少年課、市民スポーツ課の順で説明をお願いします。

(こども課長)

3名ですが、児童クラブ指導員を10年以上経験して60歳以上の方です。こども課関係は、今回が初めての教育委員会感謝状贈呈です。

武久裕子さんは、高木瀬校区で19年間児童クラブに携わられている。

他にも学校評議員等を努められている。

吉富栗子さんは、日新校区の方で12年間児童クラブに携わられており、他にも民生委員やボランテアィグループ日輪のメンバーとして活動していただいている。

納富博子さんは、日新校区で児童クラブに10年間携わられ、他に町区婦人会副会長も努められている。

(青少年課長)

対象者は友田渡さん、小副川萬次郎さん、角靖雄さんの3名で、今年の7月まで少年育成員を努めていただきました。友田さんは平成4年12月から11年8か月間、小副川さんは平成3年4月から13年4か月間、角さんは平成6年8月から10年の長きに渡り街頭指導をはじめ、ご尽力をいただきました。

(市民スポーツ課副課長)

対象者は、久富昭さん、野田敏夫さん、川原田裕明さん、土井哲雄さん、田尻かなえさん、川﨑重治さん、百﨑満志さんの7名で、すべての方ともに体育指導委員として永年ご尽力していただきました。

体育指導委員は、「スポーツ振興法」や「佐賀市体育指導委員に関する規則」に基づいて配置している方で、教育長の委嘱を受け佐賀市や地域のスポーツ振興のために活動され、特にニュースポーツの普及には中心的な役割をいただいた人ばかりです。

(委員長)

こども課からは児童クラブ関係の方を3名、青少年課からは少年育成委員の方を3名、市民スポーツ課からは体育指導委員を7名の方を推薦していただきましたが、いかがでしょうか。

こども課からは初めてですが、その他は毎年推薦していただいているようです。

(教育長)

体育指導委員の方は若い人が多いようですが、すべて10年以上の活動をされています。スポーツの指導者は若い時からされているということですね。

(委員長)

他にご意見等はありませんか。

― なし ―

(委員長)

ないようですので、「佐賀市教育委員会感謝状贈呈」被贈呈者については13名全員承認します。

〔報告事項〕

(委員長)

各課からの報告事項があればお願いします。

     [こども課長]

  • 本庄幼稚園の入園料、保育料の改定について8月の定例教育委員会で承認していただきましたので、佐賀市議会9月定例会に議案として提出しましたところ継続審議となった。経緯について、事務局としては、市内の私立幼稚園と3倍の格差があること他について説明したが、議会からは、保護者説明会に参加していない3分の1の保護者に対しての説明ができていないとか、2年間での改定でなく段階的な引き上げができないかとか、在園者分は据え置きできないかとの意見が出され、改正内容を時間をかけて検討したいと言う結論で継続審議となった。今後とも保護者に対しては説明をしていく。
  • 本庄幼稚園の今後の在り方については、昨年11月から3月までの間、教育委員会で審議をしていただいたが、国の考え方を見極めてということにしていた。現在、総合施設のあり方について中央教育審議会等で検討されており、11月を目途に取りまとめが予定されている。まとめがだされた後に教育委員会で再度審議をお願いしたい。

(委員長)

新聞にも出ましたので、みなさんご存知と思いますが、何か意見等があればお願いします。

(教育部長)

値上げをしなければいけないことについては大方理解を得ていたが、保護者の方全員に説明していなかったことの指摘があったり、一部議員から保育料の値上げを棚上げし、入園料のみを値上げすればとの修正の動きがあったが、そうすることにしてしまうと保育料の値上げできなくなるため、継続審議にしていただき時間をいただきたいとのお願いをしたところである。理解されている会派の方もおられるため、今後値上げをするという方向にはあり、保護者会にも説明していきたいと思っている。次の審議は12月議会であり、園児募集は保育料が可決された後の1月になる。

(A委員)

保育者として気になることは、県からは35人学級と言われるが、ほとんど30人前後で保育している。今は一斉の指導ができなくなった。こどものために人数のことを佐賀市からでも考えてほしい。先生の指導が行き届くために、30人以下がベターと思う。

(教育部長)

本庄幼稚園は、定員160名だが130名しかいないため、年中と年長は110名で4クラスに分かれている。そのため、現実は1クラス30名はいないことになっている。

     [東島学校教育課長]

  • 秋の学校訪問B日程の件ですが、別紙のとおりになっております。集合時間等については別途お知らせしたい。

(白木部長)

9月議会で、教育委員会関係予算、母子医療の個人負担の件、高木瀬小学校の契約変更の件は、可決されている。古賀委員と田部井委員については議会の同意がなされており、古賀委員は10月1日からの再任、田部井委員については10月2日の就任となっている。10月2日に臨時教育委員会を開催していただき教育長他を決定していただくことになっている。

〔閉会の宣言〕

(北島委員長)

ほかにないようでしたら、これをもちまして9月の定例教育委員会を終わります。

関連ファイル

H16.9.28定例教育委員会(PDF:11.0KB)

表彰、感謝状候補者一覧(PDF:5.0KB)

選考基準、感謝状内規(PDF:7.0KB)

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育総務課 総務係
〒840-0811 佐賀市大財3丁目11番21号 大財別館3階
電話:0952-40-7351 ファックス:0952-40-7394
メールアイコン このページの担当にメールを送る