Language

文字の大きさ

背景色

平成15年5月定例教育委員会の会議結果

更新:2017年06月27日

平成15年5月27日 定例

平成15年5月27日に開催しました定例教育委員会の概要は,下記のとおりです。

  1. 開催日時 平成15年5月27日(火曜日)午後2時35分から午後3時4分まで
  2. 開催場所 大財別館 4階第2会議室
  3. 出席者名
    教育委員:北島委員長、肥高委員、古賀委員、菱岡委員、迎教育長
    事務局:吉富教育部長、白木副部長、山下教育総務課長、
       百武学校教育課長、伊藤生涯学習課長、坂井こども課長、
       梅崎青少年課長、田崎図書館副館長、小柳教育総務課副課長、
       川副教育総務課企画係長
  4. 協議事項
    (1)佐賀市公民館運営審議会委員の委嘱について
    (2)佐賀市社会教育委員の委嘱について
  5. 会議は公開
  6. 傍聴者数 なし(報道関係の傍聴もなし)
  7. 会議結果

教育長報告

(教育長)

国(中央)での情報ですが、戦後発足した六三制の義務教育の枠組は、社会の成熟や子どもの発育を取り巻く環境の変化にかかわらず、そのまま維持されてきたが、ここにきて、文部科学省が義務教育の意義や制度・運営のあり方、教育の内容などについて、中央教育審議会に対し包括的な諮問を行いました。

また、行財政改革や地方分権の流れの中で、教員給与の半額を国が負担する現行の義務教育国庫負担制度を改め、税源を地方に移譲するなどして削減を求める流れも強くなって参りました。憲法で守られた無償制度のあり方も含めて、義務教育の足場を内外から変革の波が洗うようになりそうです。

経済社会の転換で教育に国民や社会が求めるものが変化する中で、学校間の競争原理の導入や選択の自由拡大など、社会の変化は教育の分野でも例外ではあり得ないと考えられます。民間やNPOなどの発想や運営面での利点を積極的に取り組んでいくことが、学校教育の抱える前進の契機になるという考え方が教育関係者から出始めているようです。

さて、佐賀市の教育の4月下旬から本日までの歩みの概略ですが、4月23日には、小学1年生の交通安全を祈念して、「交通安全ゆびきりげんまん新1年生」のイベントが若楠小学校で開催されました。24日には、九州都市中学生交流大会実行委員会、25日には、公民会連合会総会が開催されています。26日(土曜日)には、解放学習会始業式が行われました。30日には、公私立の保育会が開催されております。5月に入りまして、佐賀市の公共施設における禁煙が開始されました。2日には、昭栄中学校創立50周年式典が行われました。5月6日から6月2日まで、佐賀市立全ての小中学校について、教育委員会の計画訪問(A)が行われております。8日には、本年度佐賀市に転入した、初任者、教職員を対象にした研修会を開催しました。9日には学校図書館モデル事業の会議、9日(金曜日)・10日(土曜日)・11日(日曜日)それに、16日(金曜日)にかけて、学校給食一部民間委託事業の実施についての説明会を開催いたしました。18日(日曜日)には、佐賀市子ども定期総会、佐賀市母子寡婦福祉研修大会、24日(土曜日)には、平成15年度佐賀市PTA協議会の定期総会が開催されました。

以上、概略をご報告します。

(委員長)

何か質問等はありませんでしょうか。

(A委員)

学校給食の一部民間委託についての説明会の状況がどうであったか、親の反響等について教えてほしい。

(教育総務課長)

4校に説明会を行いましたが、実施することを前提にしての論議が行われました。今までに報道や市報外で、すでに試行している兵庫小や西与賀小のこと、審議会や安全対策の基準等についても、よく知っておられる。自分の学校を実施するなら、更なる安全の徹底、確認をしてもらうということがほとんどで、1時間程度熱心に意見交換がなされました。また、保護者には、疑問の点や意見等について、いつでも言ってくださいと伝えてきました。過去にあったような、大上段に構えた、大丈夫かというような発言はありませんでした。今まで苦労してやってきたことや実践してきたことが市民や保護者に浸透してきたと感じられ、今後実施する4校については心配を掛けないように精度を高めて実施していただきたいという感じでした。

(委員長)

循誘の知人に聞いても、浸透してきたなと感じた。自分たちにとって、どういうメリットが出てくるのか、安全については、当然という認識を感じた。佐賀市全体にどういうメリットがあり、教育予算にどのように使われていくのかについて感心があるため、そのことを説明すればわかってもらえると思う。他になければ次の日程に移りたいと思います。

第4号議案 『佐賀市公民館運営審議会委員の委嘱について』 の説明をお願いします。

【生涯学習課長説明】

a.委員の任期は1年間であり、5月31日で任期満了のため、校区公民館長に推薦依頼を行った。

b.校区公民館長から各種団体に推薦依頼をしていただいた。

c.各校区の運営審議会委員の人数は、10人以内であり、高木瀬校区のみが9名の推薦になっている。

d.委員の任務としては、各公民館の事業の企画・調査・審議について館長への意見具申をすることになります。

 

(委員長)

説明がありましたが、意見等はありませんでしょうか。

(委員長)

直接関係はありませんが、新任の校区公民館長が、公募で決まり2か月か過ぎようとしているが、近況について何か話があっていますか。

(生涯学習課長)

地域から選ばれなかった館長については、当初地域から色々あっていたようですが、教育委員会には、話や苦情等はあっていません。

(B委員)

嘉瀬の公民館長は地区外からで、住民からは選任された当初、苦情を受けましたが、会合等での発言で頑張るという気持ちが伝わってきたし、行動にも意気込みが感じられ、現在は期待に変わっています。.

(委員長)

年齢や肩書きでの選任でしたか。

(生涯学習課長)

校区の各種団体からの推薦ということです。

(委員長)

他になかったら、4号議案は承認してよろしいですか。

― 異議なしの声あり ―

(委員長)

『第4号議案 佐賀市公民館運営審議会委員の委嘱について』は、承認します。

次に、『第5号議案 佐賀市社会教育委員の委嘱について』説明をお願いします。

【生涯学習課長説明】

a.任期は、平成15年6月1日から平成17年5月31日まで。

b.市会議員が辞退され、変わりに「おたすけママ」の鶴丸さんと「青少年健全育成連合会」の馬場さんが初めてでして、他は前回と同じ団体からです。

(委員長)

質問があれば、お願いします

「おたすけママ」はどんな団体ですか.こども課の所管ですか。

(生涯学習課長)

子育てサークル関係のボランティアを育てる団体です。

(B委員)

幼稚園で何か企画して、お願いすれば来て頂けます。

(こども課長)

今までは、生涯学習課と児童課でかかわってきました。生涯学習課で補助事業(県費補助)の対応をしていました。

(委員長)

他にないでしょうか。5号議案は承認してよろしいですか。

― 異議なしの声あり ―

(委員長)

『第5号議案 佐賀市社会教育委員の委嘱委嘱について』は、承認します。

報告事項

(委員長)

次に、報告事項について担当からお願いします。

 

【青少年課長報告】

  • 第6回九州中学生交流大会は8月23日から3日間開催。
  • 事前研修を4回実施。1回目を6月14日(土曜日)行う。同日、佐賀市の結団式をメイトプラザで行いますので出席をお願いします。

【こども課長報告】

  • 児童虐待マニュアルの中に児童虐待防止連絡協議会の設置要項を添付している。
  • 5月14日設置要項の改正を行った。内容は、こども課が市長部局から教育委員会に移管したことに伴う分で、第6条と第8条を改正している。
  • 委員名簿と支援アドバイザー名簿を添付しており、新アドバイザーは委員の中から選んでいる。

【学校教育課長報告】

  • フリー参観デーは、6月8日(日曜日)で、8時50分に市役所に集合していただき、午前中くらいを予定しています。フリー参観デーの時間は2時頃までを予定している。
  • 学校訪問Aは、すでに22校終がわっており、7時30分頃から午前11時頃まで実施。(子どもや先生の登校状況から授業参観まで)
  • 小中学校の体育大会が、校舎改築等の理由で25日から5校行うことにしている。残りは秋に実施する。

(委員長)

質問はありませんか。

フリー参観デーで、安全対策として警備会社を入れられないか、ということが言われたことがありましたが、予算の関係でできなかったという経過がある。PTAの方も見たいという理由からだともいますが、PTA協議会にも予算のことがあることを伝え、協力をお願いしておくと良いと思う。

(学校教育課長)

PTA協議会の第1回代議員会にお願いをしました。警備についての予算がありませんので、地域の方やPTAの方にお願いをして、交代でみていただくようにお願いをしました。学校によっては、ガードマンをつけたところもありましたが、統一はしていません。

(A委員)

不登校児童の家庭への巡回指導について、4人の方は頑張って頂いていますが、全体的な動きはどうでしょうか。

(学校教育課長)

出かけて頂いて家庭との連絡が取れるようになった状況はありますが、件数までは把握ができていません。4月の全欠席者は、中学校で27名、小学校で5名程度ですので、ここの部分を中心に対応してくれていると思います。

(委員長)

すべての議題を終わりました。

これで5月の定例教育委員会を閉会します。

関連ファイル

H15.5.27定例教育委員会(PDF:74.0KB)

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育総務課 総務係
〒840-0811 佐賀市大財3丁目11番21号 大財別館3階
電話:0952-40-7351 ファックス:0952-40-7394
メールアイコン このページの担当にメールを送る