Language

文字の大きさ

背景色

人・農地プランの実質化について

更新:2020年10月23日

農地中間管理事業の見直しにより、令和元年度から担い手への農地の集積・集約化を進めることを目的として、人・農地プランの実質化が始まりました。

実質化された人・農地プランに今後の中心となる経営体(認定農業者、認定新規就農者、集落営農組織等)として位置付けられることで、次の国の支援措置を受けることができます。
 
『国の支援措置』
 
・強い農業・担い手づくり総合支援交付金のうち産地基幹施設等支援タイプ
・機構集積協力金のうち地域集積協力金
・強い農業・担い手づくり総合支援交付金のうち先進的農業経営確立支援タイプ
・強い農業・担い手づくり総合支援交付金のうち地域担い手育成支援タイプ
・農業次世代人材投資事業(経営開始型)
・農業経営基盤強化資金利子助成金等交付事業(スーパーL資金金利負担軽減措置)
・担い手経営発展支援金融対策事業(スーパーL資金金利負担軽減措置)
 
など
 

公表について

実質化に向けた工程表及び既に実質化している地区の表を公表します。

  • 工程表

(佐賀市)工程表(R2.10.23時点)【 PDFファイル:552.5 KB 】

※佐賀市において、旧富士町、旧三瀬村では、工程表の通り実質化に取り組む予定です。

  • 既に実質化している地区の表

(佐賀市)既に実質化している地区【 PDFファイル:62.3 KB 】

※担い手への農地の集積が進んでいる佐賀市平坦部においては、既に実質化しています。

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 農業振興課 水田対策係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁4階
電話:0952-40-7117 ファックス:0952-40-7391
メールアイコン このページの担当にメールを送る