Language

文字の大きさ

背景色

蛍観橋付近でマユタテアカネが今年も飛んでいます!

更新:2021年08月20日

多布施川にかかる蛍観橋付近(高木瀬西)で、マユタテアカネが飛び交う姿が今年も発見されました。

マユタテアカネはまゆ毛のような模様がある赤いトンボで、以前はたくさん見ることができましたが、近年は数が減り、あまり見ることができなくなっています。

この場所でマユタテアカネの姿が多く見られるのは、多布施川の水質が良好に保たれ、マユタテアカネが生息しやすい環境になっているからだと考えられます。

指先に止まる♂♂の未成熟個体 交尾手前♀ 後ろ♂

 

マユタテアカネ

全長:約4センチメートル

国内分布:北海道、本州、四国、九州

生息環境:平地~山地のまわりに林がある池沼や湿地、水田など

見られる時期(目安):成虫は6月下旬から11月頃まで見られ、8~9月にもっとも多い

枝先や草などに静止し、飛び立ってもすぐに止まるので、指を差し出すと指先に止まってくれることもある人なつっこい赤トンボです。

  

 

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課 自然環境係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁1階
電話:0952-40-7202 ファックス:0952-26-5901
メールアイコン このページの担当にメールを送る