51 白石(しらいし)神社のイチョウ

更新:2015年02月25日

保存樹に指定されている白石神社のイチョウです。

白石(しらいし)神社は富士町杉山地区にある神社です。

紅葉の時期になると本堂北側にあるイロハモミジとイチョウの紅葉が鮮やかで、県道からもはっきりと確認でき、

赤と黄色のコントラストが鮮やかで、北側の田んぼと大串川とが美しい景観を形成しています。

また、平成23年から地域を見守ってきた大木に光を当てて地域資源としても発信しようと、同地区の住民により紅葉時期にライトアップに取り組まれています。

解説

イチョウ・・・落葉広葉樹。直幹で枝は斜め上に伸びる。葉は扇形で、秋に黄葉する。10月~11月に実(ギンナン)が熟す。雌雄異株。

/site_files/image/usefiles/imagefiles/s33983_20121101092202.JPG

ライトアップの様子

/site_files/image/usefiles/imagefiles/s33983_20121101091916.JPG

 

白石神社のイチョウ

 

  • 指定番号 51
  • 指定年月日 平成24年11月14日
  • 所在地 富士町大字杉山
  • 樹高 24.9m
  • 幹周 4.0m
  • 推定樹齢 200年
  • ​雌株

このページに関するお問い合わせ

建設部 緑化推進課 緑化推進係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁6階
電話:0952-40-7164 ファックス:0952-26-7376
メールアイコン このページの担当にメールを送る