52 鎌王(かまおう)神社のケヤキ

更新:2015年02月25日

保存樹に指定されている鎌王神社のケヤキです。

このケヤキがある鎌王(かまおう)神社は山裾にあり、神社全体が森に囲まれているため、遠目から見てもケヤキの樹形をはっきり確認することができませんが、境内近くから見ると、周囲の木々に比べ樹高が27.6mと高いため、この神社を取り囲む鎮守の森の中でも、ひときわ背が高いことがわかります。
鳥居のすぐ横にあり、鎌王神社のシンボルとなっています。この鎌王神社では、毎年秋には浮立が奉納されます。浮立は、五穀豊穣を神に感謝し、天下泰平を祈願する神前奉納の神事ですが、民族芸能としての価値も備えています。

解説

ケヤキ・・・落葉広葉樹。まっすぐな幹から枝がバランスよく伸び、球形の樹形となる。成長は早い。

/site_files/image/usefiles/imagefiles/s33985_20121101093425.JPG

 

鎌王神社のケヤキ

 

  • 指定番号 52
  • 指定年月日 平成24年11月14日
  • 所在地 富士町大字鎌原
  • 樹高 2.5m
  • 幹周 27.6m
  • ​推定樹齢 150年
/site_files/image/usefiles/imagefiles/s33985_20121101092925.jpg

【遠景】鎌王神社のケヤキ


このページに関するお問い合わせ

建設部 緑化推進課 緑化推進係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁6階
電話:0952-40-7164 ファックス:0952-26-7376
メールアイコン このページの担当にメールを送る