50 健福寺(けんぷくじ)のヒノキ

更新:2015年02月25日

保存樹に指定されている健福寺のヒノキです。

この健福(けんぷく)寺のヒノキは保存樹情報の記事が掲載された市報をご覧になった住職様からの連絡により、発見した樹木です。

このお寺には国の重要文化財に指定されている銅鐘があるなど、非常に歴史がありこのヒノキも推定樹齢は350年です。

この樹木の特徴としては、幹がねじれながら成長している部分で、高台にあることから風の影響でねじれて成長したのではと考えられます。

解説

ヒノキ・・・常緑針葉樹。樹形は直幹で円錐形の樹形。葉は鱗状で裏にY字形の気孔白線があり、葉の先は丸みがある。成長が早い。

/site_files/image/usefiles/imagefiles/s33982_20121101090636.JPG

 

健福寺のヒノキ

 

  • 指定番号 50
  • 指定年月日 平成24年11月14日
  • 所在地 大和町大字川上
  • 樹高 21.7m
  • 幹周 3.0m
  • 推定樹齢 350年

このページに関するお問い合わせ

建設部 緑化推進課 緑化推進係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁6階
電話:0952-40-7164 ファックス:0952-26-7376
メールアイコン このページの担当にメールを送る