Language

文字の大きさ

背景色

地域政策課 地域おこし協力隊を募集します(令和3年1月7日追記)

更新:2021年01月 8日

地域政策課で地域おこし協力隊(会計年度任用職員)を下記のとおり募集します。

募集人数

2名

 

主な業務内容

北部中山間地域の振興に関する活動や集落活動を通じて、定住するために必要な起業・就業を目指した活動をしていただきます。さまざまな地域資源を活かすとともに、自身の経験、特技、資格などが活かせる活動を行ってください。

 

応募資格

次の条件をすべて満たす方とします。

(1) 3大都市圏(※1)及び3大都市圏外の都市地域(※2・※3)に在住の方で、生活の拠点を佐賀市に移すとともに住民票を異動することができる方

(2) 1年以上居住可能な方

(3) 心身ともに健康で、地域活性化に深い熱意を持ち、地域住民等と十分にコミュニケーションを図りながら、積極的に活動できる方

(4) 人あたりが柔らかく、先頭に立って行動できる方

(5) 普通自動車運転免許を取得している方(見込み可)

(6) パソコンの一般的な操作ができる方(SNSの積極的な活用ができる方が望ましい)

(7) 地方公務員法第16条の欠格事項に該当しない方

(8) 着任日時点で20歳以上の方

※1 3大都市圏とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県をいう。

※2 都市地域とは、「過疎、山村、離島、半島等の地域」(以下「条件不利地域」という)に該当しない市町村をいう。

※3 「過疎、山村、離島、半島等の地域」とは、過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興法、半島振興法、奄美群島振興開発特別措置法、小笠原諸島振興開発特別措置法、沖縄振興特別措置法の各法により指定された地域を有する市町村をいう。

 

活動場所

大和町(松梅校区)、富士町、三瀬村

 

勤務先

富士支所

 

勤務形態・待遇・福利厚生等

(1)週休2日制/週35時間勤務(7時間勤務/日)

(2)活動時間は9時から17時まで。12時から13時までの1時間は休憩。

(3)月額140,090円~165,200円を支給します。(社会保険料等自己負担分を含む・通勤手当あり・賞与あり)

(4)社会保険完備(ただし労災については、地方公務員災害補償法及び「議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例(平成17年条例第54号)」等に基づき、公務災害補償されます。)

(5)活動期間中の住居は市が準備します。(生活必需品や光熱水費等は自己負担)

(6)活動に必要な車輌やパソコン等は市が用意します。(私生活で使用はできません)

(7)その他、活動に掛かる費用については、協議の上、予算の範囲内で市が負担します。

(8)引越しにかかる費用は自己負担とします。

 

任用期間

任用開始の日~令和3年3月31日(選考により再度任用の可能性あり)

 

活動期間

隊員としての活動期間は最長3年です。

 

申込方法

事前説明会(個別相談会)

令和3年2月12日(金)までの期間中、随時開催します。

※予約制です。佐賀市地域政策課までご希望の日時をご連絡ください。(会場:佐賀市役所大財別館/詳細は予約時にご連絡いたします。)

※オンラインでも対応可です。ご相談ください。

※業務の都合により、ご希望に添えない場合がありますので、予めご了承ください。

 

応募期間

令和3年2月12日(金)まで(郵送当日消印有効)

 

提出書類

応募用紙に必要事項を記載の上、住民票の写しを添付して佐賀市地域政策課まで郵送若しくは持参してください。

(※持参の場合は平日の8:30~17:00にお持ちください。)

(※応募用紙等は返却できません。)

 

おためし地域おこし協力隊

※1都3県において、新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言が発出されたことから、令和2年度おためし地域おこし協力隊(第2回)については中止します。(令和3年1月7日追記)

地域おこし協力隊を募集するにあたり、応募を検討している方が地域活動を体験することなどにより、受入地域とのミスマッチを防ぐとともに、隊員採用の促進と、関係人口の拡大を推進するため、地域おこし協力隊の募集に合わせ、おためし地域おこし協力隊プログラムを実施します。(別紙『令和2年度おためし地域おこし協力隊募集要項(第2回)』を参照してください。)

開催日程

令和3年2月5日(金)~7日(日)

参加定員

10名

募集日程

令和3年1月28日(木)まで

応募方法

別紙「令和2年度佐賀市おためし地域おこし協力隊応募申込書」を郵送またはメールで佐賀市地域政策課まで送ってください。

参加費

無料

※ただし、JR佐賀駅までの往復の交通費については参加者負担。

※開催日時点において、新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言の対象となっている地域にお住いの方は参加できません。(令和3年1月7日追記)

※宿泊費は市が負担しますが、一部、食事代の自己負担があります。(5千円程度)

その他

・参加にあたっては、佐賀市地域おこし協力隊への応募条件と同じ参加条件があります。

・プログラム内容については、1月中旬に佐賀市ホームページで公開予定です。

 

選考方法

書類及び面接による選考を行います。

第1次選考

書類選考のうえ、結果を応募者全員に文書で通知します。

注)応募用紙の記載内容で書類選考を行いますので、できるだけ詳しく記載してください。

 

第2次選考

第1次選考合格者を対象に面接による審査を行います。詳細は、第1次選考結果の通知の際にお知らせします。

(日時)令和3年2月旬予定

(場所)佐賀市大財別館

※面接のために要する交通費等は自己負担となります。

※今年度の『佐賀市おためし地域おこし協力隊』に参加した方や、受験に際し特別な事情のある方は、オンライン面接にて受験できます。ご相談ください。

発表

選考結果(最終)は、第2次選考受験者全員に文書で通知します。

※選考結果通知書(採用内定通知書)の発送は、随時行います。

 

その他注意事項

おためし地域おこし協力隊参加時や第2次選考時に来佐する場合は、お住いの地域における新型コロナ感染症拡大状況に応じて、繁華街等への出入の自粛や、体温・体調管理の徹底、PCR検査等の受検など、感染拡大防止に努めてください。

募集に関する問合わせは、メールまたはファクスでお願いします。質問に対する回答は、質問者にメールまたはファクスで回答します。

必要に応じて担当者から連絡をとることがあります。

募集要項【 PDFファイル:887.2 KB 】

応募用紙(地域おこし協力隊用)【 WORD文書:27 KB 】

応募用紙(地域おこし協力隊用)【 PDFファイル:150.2 KB 】

佐賀市地域おこし協力隊員設置要綱【 PDFファイル:177.9 KB 】

 

 

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

地域振興部 地域政策課 中山間地域支援係
〒840-0811 佐賀市大財3丁目11番21号 大財別館
電話:0952-40-7211 ファックス:0952-40-7375
メールアイコン このページの担当にメールを送る