二酸化炭素分離回収事業を「世界最高の秘密」と評価

更新:2019年01月15日

地球温暖化をめぐる世界の動きと佐賀市

温室効果ガス削減に向けた世界の流れ

現在、地球温暖化の原因による気候変動が世界各地で確認されています。このような状況から、世界では地球温暖化の原因と言われる二酸化炭素の排出削減や、緩和のため具体的な取り組みを進めています。

温室効果ガス削減に向けた世界のこれまでの流れ

国が行う二酸化炭素の回収・貯留(CCS)

国ではCCS(Carbon dioxide Capture and Storage:CO2 を回収し、適切な貯留サイトに輸送した後に、 CO2 を地中深くに圧入する技術)による二酸化炭素の削減が行われています。

国が行う二酸化炭素の回収・貯留(CCS)図

佐賀市が行う二酸化炭素回収・活用(CCU)

佐賀市では、二酸化炭素を地下に貯留するのではなく活用するCCU(Carbon dioxide Capture and Utilization:二酸化炭素の分離回収による利活用)を行っています。清掃工場の排ガスから二酸化炭素を分離回収し、藻類培養や農業に有効活用することで、二酸化炭素の削減や産業の振興に繋げ取り組みを進めています。

佐賀市が行う二酸化炭素回収・活用(CCS)図

世界最高の秘密(今のところ)

清掃工場でのCCU事業は日本初であり、全国から多くの方が視察に訪れ、近年では海外からの視察も増えてきました。平成30年9月に、オーストラリアに本部を置く世界規模のNPO団体グローバルCCSインスティテュ―ト(正式名称:The Global Carbon Capture and Storage Institute)が佐賀市の清掃工場を視察されました。世界のCCSの動向やプロジェクトをまとめた報告書を出すなど、CCS進展に関する、世界で最も包括的な実績評価および分析をしている組織です。この団体は佐賀市を視察後、同団体のホームページで、「世界最高の秘密(今のところ)」と題してレポートされており、「佐賀市の焼却施設は世界に伝わっていないが、世界最高の地球環境ストーリーの一つであり、他の都市が佐賀市モデルを倣えば、気候変動はすぐに過去のものとなるだろう」と紹介されています。

また、同団体は、平成30年12月に開催されたCOP24(温室効果ガス排出削減等の国際的枠組みを協議する最高意思決定機関)の記者会見の場でも、ホームページのレポートを資料として配布・紹介されています。

グローバルCCSインスティチュートレポート「世界最高の秘密(今のところ)」(PDF:1.17MB)

20180518パプアニューギニア施設見学 タイ(バンコク都区長会)の視察風景
パプアニューギニアからの視察風景 タイ(バンコク都区長会)からの視察風景
グローバルCCSインスティチュート視察風景  
グローバルCCSインスティチュートの視察風景  

 

このページに関するお問い合わせ

環境部 バイオマス産業都市推進課 バイオマス政策係
〒849-0917佐賀市高木瀬町大字長瀬2369佐賀市清掃工場(管理棟2階)
電話:0952-30-2431 ファックス:0952-30-1878
メールアイコン このページの担当にメールを送る

PDFのダウンロードについて

Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード申請書、届出書などをダウンロードして印刷するためには、Adobe Reader(アドビリーダー)が必要です。
お持ちでない方は Adobe 社から無償で配布されていますので、下記のサイトからダウンロード後、インストールしてください。
Adobe Reader(アドビリーダー)のダウンロード