肥前国庁歴史講座の受講者を募集します

更新:2018年11月 7日

日時

第1回 11月24日(土)14時から15時30分
第2回 12月22日(土)14時から15時30分
第3回 1月26日(土)14時から15時30分
第4回 2月23日(土)14時から15時30分

場所

肥前国庁跡資料館(佐賀市大和町久池井2754)

テーマ「北部九州の古代寺院」

奈良時代、聖武天皇は仏教の力で国を治めるため、各国ごとに国分寺・国分尼寺を造らせましたが、
古代において、仏教や寺院が政治及び人々の生活に与えた影響は極めて大きいものでした。
ここ肥前国庁においても仏教行事が執り行われ、諸国の寺院を統括していたことから、肥前国庁と
国分寺、豪族の氏寺等との関連についても取り上げます。
本講座では、肥前国、筑前国、肥後国の古代寺院の役割や構造、変遷だけでなく、各地域においての
調査成果等についても、第一線の研究者がわかりやすく解説します。

講師と内容

第1回 佐賀市文化振興課 山口 亨
「肥前国の古代寺院」古代寺院の概説及び肥前国分寺・尼寺の調査

第2回 九州歴史資料館 小田 和利さん
「筑前国の古代寺院」観世音寺、筑前国分寺の調査

第3回 行橋市歴史資料館 片岡 宏二さん
「小郡市上岩田遺跡・井上廃寺の調査」

第4回 熊本城調査研究センター 金田 一精さん
「肥後国の古代寺院」

申し込み方法

電話、FAX、メール

募集期間

11月1日(木)~11月15日(木)

その他

・定員…1講座30名程度。
・筆記用具をお持ちください。

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化振興課 文化財一係・二係
〒840-0811 佐賀市大財3丁目11番21号 大財別館2階
電話:0952-40-7368 ファックス:0952-26-7378
メールアイコン このページの担当にメールを送る