Language

文字の大きさ

背景色

道祖元町歴史的建物群

更新:2015年02月26日

「海の長崎街道」の佐賀城下西の入り口として栄えた道祖元町(さやのもとまち)の通りには、第1回に受賞した『竹下邸の白壁』を始め、明治期近代の上流住宅と思われる昔ながらのまちなみが保存状態も良く残っています。今回複数の建物を景観的にすぐれた一群とみなすことにより、周辺地域も含めて全体としてより優れた景観を形成していることが高く評価され表彰することとなりました。

概要

山下イソコ邸 山下邸

明治初期の建築と伝えられ、明治期特有の華やかな意匠を残す貴重な建物です。外観は、寄棟づくりの屋根をL字型に造り、妻壁を表にのぞかせ、表構えは端正で上質の建物です。

概要

所在地:道祖元町

構 造:木造2階建

用 途:専用住宅

完成年:1870年代(明治初期)【推定】

延岡彬邸

延岡邸

伊丹分家として明治20年5月に建てられたと記され、門と塀を巡らし、母屋は妻入り、寄棟づくりの屋根をもつ蔵づくりの町家です。建築年代と由緒が確かな明治期を代表する建物といえます。
概要

所在地:道祖元町

構 造:木造2階建

用 途:専用住宅

完成年:1887年(明治20年)

竹下邸

竹下邸

元は深川家の屋敷で明治20年頃の建物と言われています。屋根付板塀を巡らし、門を構え、中に寄棟づくり二階建ての母屋を持つ建物です。

概要

所在地:道祖元町

構 造:木造2階建

用 途:専用住宅

完成年:1880年代(明治20年頃)【推定】

 

第2回MENU


  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

建設部 建築指導課 景観係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁5階
電話:0952-40-7172 ファックス:0952-40-7392
メールアイコン このページの担当にメールを送る