Language

文字の大きさ

背景色

蛎久天満宮の参道景観を支える 田中邸

更新:2015年02月27日

田中邸1

田中邸1

田中邸2

田中邸2

鍋島の蛎久天満宮沿いに位置するこの建物は、天保四年頃に建築され、その後の増築などにより現在の形になったと言われています。元々は造り酒屋を営まれていましたが、現在は専用住宅として使われています。建物の状態もよく、持ち主が大切に使われながら維持されていることがうかがえます。
また、南側にある天満宮の鳥居からの視界は風情のある趣を呈し、参道沿いという特殊な場所性と建物の間に違和感がありません。このように、まちなみ景観に貢献していることが高く評価されました。

概要

所在地:鍋島町蛎久
構 造:木造2階建
用 途:専用住宅
完成年:1833年(天保4年)頃

 

第8回MENU


  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

建設部 建築指導課 景観係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁5階
電話:0952-40-7172 ファックス:0952-40-7392
メールアイコン このページの担当にメールを送る