Language

文字の大きさ

背景色

川上峡の水面に映える古(いにしえ)の姿 與止日女(よどひめ)神社

更新:2015年02月27日

与止日女神社1

與止日女神社1

與止日女神社2

與止日女神社2

與止日女神社は川上峡のほとりにあり、海の神、川の神、水の神として信仰され、川上川の守護神である與止日女大明神を祀る神社です。地元では「よどひめさん」と呼ばれ親しまれており、憩いの場としても利用されています。
神社と周辺の楠をはじめとした樹木との調和がすばらしく、特に対岸(国道263号線)から見る神社は、川上峡の水面にその姿を映し、非常に美しい景観をつくりだしています。春は桜、夏は楠、秋には紅葉が美しく、年間を通して私達の目を楽しませてくれます。

概要

所在地:大和町川上
所有者:與止日女神社
用途:神社
完成年: 創建:欽明天皇25年(564年)【推定】
再建:文化13年(1816年)

 

第12回MENU


  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

建設部 建築指導課 景観係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁5階
電話:0952-40-7172 ファックス:0952-40-7392
メールアイコン このページの担当にメールを送る