Language

文字の大きさ

背景色

粋な黒漆喰(くろしっくい)が当時の隆盛を伝える 前田邸

更新:2015年03月25日

前田邸1

前田邸1

前田邸2

前田邸2

久保泉町の前田邸は、戦前までこの地域の地主であったことから、敷地の広さや建物の大きさに、当時の隆盛の記憶を感じることができます。前面道路に塀を回し、小水路に掛かる小橋を渡って訪問客を誘う導入部は、「家」というよりも「屋敷」という語感がしっくりくる「構え」を見せています。
家屋や塀は昭和初期に建築され、外壁には白漆喰ではなく、当時「粋」とされた黒漆喰が使用され、現在も塀や壁に残る黒い漆喰が、集落の中にあって一際目を惹きます。屋敷導入部の小橋、塀、植え込み、中庭、居住区などの配置が特徴的で、周囲の水路と石積みなども含めてセットで当時の姿が残されていることが、当地区の歴史を物語る貴重な景観として高い評価を受けました。

概要

所在地:久保泉町上和泉
構 造:木造2階建
用 途:専用住宅
完成年:昭和初期

 

第13回MENU


  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

建設部 建築指導課 景観係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁5階
電話:0952-40-7172 ファックス:0952-40-7392
メールアイコン このページの担当にメールを送る