Language

文字の大きさ

背景色

山あいにたたずむ赤瓦の集落 相尾集落

更新:2015年02月27日

相尾集落

相尾集落

相尾集落は、富士町上無津呂の山あいにあります。この集落には赤瓦を使った家が多く、木々の緑に屋根の赤が映えとても印象的です。また、赤瓦のインパクトだけでなく、どの建物もどっしりとして質が高く、小屋や庭、田畑にまで手入れが行き届いています。

古くは茅葺き屋根の家も多かったようですが、茅葺き屋根は、台風や火事の被害を受けやすく、時代の流れによる茅葺き職人や植物の茅自体の減少も影響して瓦に葺き替える民家が増えたそうです。

相尾集落で使われている赤瓦は、寒冷地の多い山陰地方に源流を持つ石州瓦で、雪深い山あいの相尾集落に非常に適しています。暮らしやすさを追求しながらも集落全体で絵になる景観をつくり出しています。

(住民の方からの聞取りによる)

概要

所在地:富士町上無津呂

 

第16回MENU


  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

建設部 建築指導課 景観係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁5階
電話:0952-40-7172 ファックス:0952-40-7392
メールアイコン このページの担当にメールを送る