Language

文字の大きさ

背景色

大陸からの可憐な訪問者を守り育てる 久保泉町えひめあやめ保全会の活動

更新:2015年02月27日

久保泉町えひめあやめ保全会の活動

久保泉町えひめあやめ保全会の活動

久保泉町の帯隈山では、毎年3月下旬から4月上旬頃、小さくてかわいい紫色の「えひめあやめ」が花を咲かせます。この花は、はるか太古に大陸から南下してきた植物で、日照・風通し・水はけといった条件が揃わないと消滅してしまいます。国内でもしだいに自生地が減少し、帯隈山を含む西日本の5ヶ所は、「えひめあやめ自生南限地帯」として国の天然記念物に指定されています。

保全会では、定期的に株周りの草刈りを行い、夏と秋には住民とともに自生地全面の草刈りをするなど、一年を通して環境整備に取り組まれています。開花の時期に合わせて毎年開催される「えひめあやめまつり」は平成6年から18回を数え、この時期には地元の中学校とタイアップしたスケッチ大会も開催されています。更に、自生地とは別に設けた「育成地」では、保全会が種を取り、播種して大切に育てた株を地元の小学生とともに植える活動もされています。保全会のメンバーを中心とした住民あげての地道で長い取り組みが、まちづくりの核となっていることから特別表彰の受賞となりました。

(保全会の方からの聞取りによる)

概要

所在地:久保泉町川久保 帯隈山山麓
活動団体:久保泉町天然記念物えひめあやめ自生南限地帯自然環境保全会
活動開始年:平成6年

 

第16回MENU


  • Facebookシェアボタン
  • Twitterツイートボタン
  • LINEに送るボタン

このページに関するお問い合わせ

建設部 建築指導課 景観係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁5階
電話:0952-40-7172 ファックス:0952-40-7392
メールアイコン このページの担当にメールを送る