三浦邸

更新:2015年02月25日

三浦邸1 三浦邸2
三浦邸1 三浦邸2

三浦邸

三浦邸は巨勢町大字修理田の西分集落の中に南面して建っています。

屋根は寄棟造り葦葺(よしぶ)きの上屋を、桟瓦葺きの下屋がめぐる形式で、建物全体の屋根型はエの字になっています。外壁は腰高の竪板と漆喰で仕上げられており、外観は平入りとしています。建築年代は明治元年で約140年の歴史があり、時代の流れを感じさせる建物で、生垣や周囲の田園、昔ながらのクリークなどの自然と調和しています。葦葺きの屋根を持つ民家は、修理する職人や葦の減少により維持管理が困難となっていることから、徐々にその姿を消しつつあります。そのような中、三浦邸は佐賀の懐かしい田園風景を今に伝える建物として貴重な存在です。

  • 所在地:巨勢町大字修理田610番地

このページに関するお問い合わせ

建設部 都市デザイン課 景観係
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁5階
電話:0952-40-7172 ファックス:0952-40-7387
メールアイコン このページの担当にメールを送る