2020年国勢調査第3次試験調査を実施します

更新:2019年06月20日

まだ回答がお済みでない方へ

インターネット回答が7月2日まで可能になりました。

事前に調査員が配布した『国勢調査のお願い』(青い封筒)の中に入っている「インターネット回答利用ガイド」をご用意いただきご回答ください。

パソコン、スマートフォン、タブレットでお好きな時間に回答できます。

お手元に「インターネット回答利用ガイド」がない場合は、紙の調査票でご回答ください。

調査の目的

2020年国勢調査にむけて、調査方法、調査事務、調査票の設計等についての最終的な検証を行うために、佐賀市内の一部の地域を対象に実施します。

調査の対象

国が選定した佐賀市内の一部の地域に調査期日(6月13日)に普段、住んでいる人

調査時期

令和元年5月下旬から7月上旬(調査基準日は6月13日)

調査の方法

調査員が「調査区要図」を作成するため調査対象となった地域を巡回し、「2020年国勢調査第3次試験調査のお知らせ」のチラシを配布します。

5月末から調査員が調査区内の全世帯を訪問し、調査への回答を依頼し、調査書類を配布するとともに、「調査世帯一覧」を作成するために、世帯主名、世帯員の数(男女の別を含む)をお尋ねします。

回答の方法

1.オンライン回答(5月27日から7月2日

インターネットを使ってパソコン、タブレット、スマートフォンからお好きな時間に回答することができます。

この場合、調査員が調査票の回収に伺うことはありません。

また、不正なアクセスなどの監視を24時間行っていますので、回答データは厳重に守られます。

2.郵送による調査票の提出

記入した調査票を指定の封筒を利用して郵送提出することができます。この場合、調査員の訪問を待たずに提出することができます。

3.調査員による調査票の回収

6月19日までにオンライン回答、郵送提出が確認できなかった世帯に対し、調査員が訪問し、調査票を回収します。

個人情報の管理について

統計法によって、厳重な個人情報保護が定められています。

調査の結果知り得た秘密は漏らしてはならないことが規定されており(統計法第41条)、これに違反した者に対する罰則が定められています (統計法第57条)。

さらに、「その行った統計調査の目的以外の目的のために、当該統計調査に係る調査票情報を自ら利用し、又は提供してはならない」と規定されています(統計法第40条)。

統計法では、調査対象者が安心して調査票に記入いただけるよう、調査員をはじめとする調査関係者に対して、調査票の記入内容を厳重に保護することを定めています。

・守秘義務
調査に従事して知り得た個人や団体の秘密を漏らしてはならない。

・利用制限
統計調査の目的以外に、調査票の記入内容を利用したり、提供してはならない。

・適正管理
記入された調査票を適正に管理するための措置を講じなければならない。

また、インターネット回答では、不正なアクセスなどの監視を24時間行っていますので、回答データは厳重に守られます。

ご提出いただいた調査票は外部の人の目に触れないよう厳重に管理され、統計を作成した後は溶かして処分されます。

コールセンターのご案内

調査票の記入方法や調査全般についてのお問い合わせ、ご質問は「国勢調査コールセンター」へご連絡ください。

・設置時期   

令和元年5月20日(月)~令和元年7月7日(日)

・受付時間    

午前8時30分~午後9時00分(土曜・日曜・祝日を含む。)

・電話番号    

☎0570-00-5667(ナビダイヤル)

※一般の固定電話:市内通話料金のみ発信者が負担,差額は総務省が負担

※携帯電話・PHS:所定の通話料金を発信者が負担

☎03-6739-2808(IP電話)

※一般の固定電話、携帯電話・PHS:所定の通話料金を発信者が負担

関連リンク

国勢調査に関することは総務省統計局のホームページでご覧いただけます

https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2020/shiken3/index.html

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務法制課 情報公開・統計係(統計担当)
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号 本庁2階(統計担当)
電話:0952-40-7026 ファックス:0952-29-2095
メールアイコン このページの担当にメールを送る