人権コラム(平成30年6月15日号)

更新:2018年06月15日

平成29年度人権啓発ポスターコンクール優秀作品

平成29年度人権啓発ポスターコンクール優秀作品
小学生の部

あなたの人権 わたしの人権

「共に生きるとは」

ヒマラヤのふもとに位置する「世界一幸せな国」といわれるブータン。経済的には決して豊かではないといわれていますが、ブータン人の幸福論には、こんな話があります。
ブータンへ取材に行った記者がブータンの人に「幸せですか?」と尋ねると、「あなたは幸せですか?」と逆に質問されたそうです。そして、ブータンの人は「あなたが幸せなら、私も幸せ」と答えたそうです。この国には、「まわりの人の幸せが自分の幸せにつながる」といった文化があるそうです。
自己中心的な考え方が広がっている社会において、「共に生きる」ことのヒントになるような気がします。
東日本大震災以来、人と人との結びつき、支え合いや助け合いの意味で「絆」という言葉が注目されるようになりました。
お互いが尊重され、暮らしやすい社会は、一人ひとりの違いを認め、互いに支え合って生きる「共生社会」の実現だと考えます。
しかし、一方では、誰にもみとられない孤独死がきっかけで「無縁社会」という言葉がつくられる世の中です。人権や地域社会の問題に対して自分には関係ないといった「無関心」の人がいるからかも知れません。
物質的に恵まれ、より便利になっているのに、私たちは大事なものを失っているような気がします。
人権や地域社会などまわりの問題に対して、「無関心」から「無」をなくし、意識し、「関心」を持ち、共に生きることについて考えることが大切ではないでしょうか。

(社会同和教育指導員   西 勝弘(にし かつひろ))

毎月 1日は「いじめ・いのちを考える日」です。
毎月11日は「人権を考える日」です。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 人権・同和政策・男女参画課 人権啓発係
〒849-0919 佐賀市兵庫北三丁目8番36号ほほえみ館
電話:0952-40-7367 ファックス:0952-34-4549
メールアイコン このページの担当にメールを送る